XperiaZ5は乗換えMNPよりSIMが得?スペックと毎月のコスト比較

fe2d5d5fbf8ab72395ea585c91db9cce_s

SIMフリーでスマホを検討している方も気になるのは、月額の携帯代金でしょう。

エクスペリアZ5はSIMにするべきか?
それともキャリアで乗換えでMNPにするべきか?

現状お持ちのスマホのスペックをほぼ維持したままで、トータルの料金も安くしたい。

オトクすぎる「第3の選択肢」も合わせてご案内します。

とりあえずXperiaZ5のスペックをサクッとおさらい

computer-644457_640
※もうスペックをご存じの方はスルーして下さってOKです。

コンパクトサイズ、ミドルクラス、ハイエンドの3種類があるXperiaZ5のミドルクラス(中間機種)のスペックは

【サイズ】
約 幅72×高さ146×厚さ7.3mm

【重さ】
約 154g

で5.2インチサイズです。
iPhone6sは4.7インチ、iPhone6sPlusは5.5インチなのでiPhone6sPLUSよりもチョイ大きいサイズですね。

※コンパクトサイズのエクスペリアZ5は4.6インチ、ハイエンドクラスは5.5インチです。

【CPU】
MSM8994 2.0GHz + 1.5GHz(オクタコア)

【メモリ】
ROM:32GB
RAM:3GB

となっています。
ROMなど他の機種と比べて劇的にすごいわけではありませんが、標準的なスペックは備わっています。

その他に

■世界最速の高性能カメラ

0.03秒でオートフォーカスが可能なカメラが搭載されています。

今すぐ撮影したい!

を実現します。性能は一眼レフカメラ並みの2300万画素。さらに0.03秒でフォーカス出来ると撮影のチャンスを逃しません。

サッと出してパッと撮る。

まさにソニー品質のカメラですね。

■防水機能

日常生活の中。
雨でスマホが濡れてしまって・・などという場面が少なからずあります。

ところが。このエクスペリアZ5は海水やプールの塩素には弱いですが、雨にも強く、バスルームにまで持ち込める防水機能が標準で搭載されています。

更に凄いのが、オーディオの端子、USBの差込口のキャップを気にしなくてもOKな形状になっています。

■電源ボタンと指紋認証

なんと電源ボタンには、指紋認証を搭載しています。

電源ボタンは本体横にあります。そのため、電源を入れる作業と指紋認証を同時に行うことが出来ます。片手でスマホを扱うことが多いですし、動作1つ分が短縮できますのでとても便利です。

■高速充電と長時間バッテリーモード

【連続待受時間】
4G LTE:約 550時間/4G:約 510時間/3G:約 590時間/GSM:約 520時間

エクスペリアZ5には高速充電と長時間バッテリーモードがあります。

バッテリーモードは「STAMINARモード」と言いますが、待機電力を極限まで制限してバッテリーを長持ちさせてくれるモードです。

外出先でバッテリー充電ができない!

そんなときにも焦ることが減る機能です。

スポンサードリンク

気になるコスト!docomo版のエクスペリアZ5から考えてみると・・

people-314481_640
docomoのエクスペリアZ5本体の購入費用は

■ 新規契約\71,280~
■ MNP\17,928~
■ 機種変更\71,280~

【引用 http://kakaku.com/item/J0000017520/spec/#tab 】

となっています。ちなみに

■ SIMフリー版 約¥90,000~

となっています。本体価格だけを見るとMNPが一見お得に見えますが、忘れてはいけないことが1つ。

それは、スマホの維持コストはさらに

■ 毎月のパケット通信料金
■ 通話代
■ その他

が合計されて毎月の請求合計額となるということですね。

一見、MNPが本体が安いのでオトクに感じるかもしれません。しかし、SIMフリーは「毎月のパケット通信料金」が割安なため人気が高いです。安いものでは月額1,000円以下(1G程度)からあります。

スマホ本体はだいたい2年程度利用したら、機種変更などを検討するのが一般的です。約2年(24ヶ月)分の毎月のパケット通信料金は定額制ですから有無をいわさず料金がかかります。

つまり

本体が少々高くても、その他のコストが安いのでトータルでSIMフリー版のエクスペリアZ5の方が安くなる、という仕組みです。

SIMとほぼ変わらないことも!第3の選択肢は検討の価値あり

Screenshot_1

金額だけ考えたらおとくケータイのご案内です。

おとくケータイ.net公式サイト

 

総務省や政府の要請もあって、携帯代金が安くなる流れになってきました。ソフトバンクは月額4,900円という発表を行いました。

今後は携帯代金の月額金額は下落していくと考えられます。つまり、このままだとSIMもスマホもさほど金額が変わらず、メリットは感じません。

SIM業者は価格を更に下げるか?あるいは特別な機能を付加するか?しないと生き残れない可能性がありますから、SIMを含めたスマホの月額コストはさらに下がっていく事になりそうです。

そこで。

どうせ価格の安いSIMを考えるのならば、トータルでもびっくりするほどオトクな第3の選択肢があります。第3の選択肢はおとくケータイです。

コストを考えたら特にオススメ!

おとくケータイはソフトバンクの公式代理店です。
docomoやauに強いこだわりがないのならば、おとくケータイ経由でMNPを利用することをオススメいたします。

なぜならとても大きなメリットがあるからです。

おとくケータイはソフトバンクの公式代理店なのですが、

・ソフトバンクの公式キャンペーンが併用可能

→値引きサービスを使ってさらにおとくケータイのサービスも受けられる

・キャッシュバックが現金である

→実際に自分の口座に振り込んでくれる

・来店でもネットでも契約ができる

→全国どこでも対応が可能

・有料オプションの強制加入などは無し

→契約時に加入させられていつの間にか課金というリスクはゼロ

とざっと並べただけでもこれだけのメリットがあります。
エクスペリアZ5を契約できて、さらにこれだけのメリットがあれば検討する価値はあります。

一度ご相談されて見るのをオススメいたします。

おとくケータイ.net公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.