無料のWi-Fiスポットの接続のスピードが分かる!最新規格はどのくらいか?

speedometer-653246_640

家や外出先でiPhoneやiPod touchをWi-Fiルーターを使いネット接続する。

パケット代を気にせずある意味使い放題ですが遅いことありませんか?

Wi-Fiルーターの性能は、そのWi-Fiルーターの規格次第で変わります。規格によりWi-Fiの接続スピードが早くなったり遅くなったりします。

アプリを使って、cafeやコンビニなどでWi-Fi接続が出来る場所を探すとき。Wi-Fiルーターのスピードがどのくらい出るか?目安として使ってみてください。

こんな記事も読まれています

>>iPhoneが遅い時にやってみて効果的だった3つのこと

>>Wi-Fiって何?お金かかる?iPhoneと関係ある?

>>iPhone6s、6Plus、iPhone7の発売日と発表はいつ?

>>iPhone6s、6Plus、iPhone7の発売日と予約方法は?

Wi-Fiの接続規格はIEEE802.11の後ろにアルファベットが入る

speed-669606_640

Wi-Fiの接続規格はIEEE802.11にプラスしてという文字と数字の後に「アルファベット」が入ります。

現在利用されている規格として、

○IEEE802.11ac

○IEEE802.11n

○IEEE802.11a

○IEEE802.11g

○IEEE802.11b

があります。

ちなみに上記は早い順番に並んでいて、上から順番に下に行くに連れて接続スピードが遅くなっていきます。つまり

■IEEE802.11acが現状で一番早い

ということになります。※2015年7月現在の最新規格

スポンサードリンク

Wi-Fiの最新規格IEEE802.11acのスピードはどのくらいか?

IEEE802.11acの最大スピードは、1330Mbpsです。

つまり1秒間に1.33GBの通信ができるという数値です。しかしあくまでこれは理論値と言いまして、理屈上はこのくらいのスピードが出ますよ、というものです。

実際には、部屋やスマホがWi-Fiルーターから電波を受信する環境によって大きく変わりますので、あくまで目安ということになります。

ちなみにそれぞれの規格のスピード(理論値)を数値化してみると

○IEEE802.11ac

 →1330Mbps

○IEEE802.11n

 →450Mbps

○IEEE802.11a

 →54Mbps

○IEEE802.11g

 →54Mbps

○IEEE802.11b

 →11Mbps

 

となっています。つまりIEEE802.11acが一番最新規格であり桁違いに早いため、購入するならば間違いなく最新規格を購入して使うのがいいということですね。

iPhoneやiPod touch、iPadなどを、AppleMusicやYouTubeをWi-Fi接続して自宅でも外出先でも無料で利用することも多くなってきました。

ところが、スピードが遅いとほんとにイライラします。外出先でアプリで無料のWi-Fiスポットを探したりするときや、自宅のWi-Fiルーター購入をするときの目安にしてみてください。

こんな記事も読まれています

>>iPhoneが遅い時にやってみて効果的だった3つのこと

>>Wi-Fiって何?お金かかる?iPhoneと関係ある?

>>iPhone6s、6Plus、iPhone7の発売日と発表はいつ?

>>iPhone6s、6Plus、iPhone7の発売日と予約方法は?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.