アプリを一括で更新する方法!絶対に忘れてはいけないこと

app-67760_640

アプリの更新、バージョンアップほったらかしにしてませんか?

更新しないと不具合対応が出来なかったり、新しいサービスを受けられなかったりします。さらに!アプリの一括更新、バージョンアップ時には忘れてはいけないあることがあります。それは・・・

こんな記事も読まれています

→applemusicをオフラインでダウロード保存して聴く方法

→iPhone6s、iPhone7の発売日とその発表はいつ?

→iPhone6s、iPhone7の発売日はいつ?予約方法と開始時期を丁寧に

→iPhoneが遅い時にやってみて効果的だったこと

 

アプリの一括更新、バージョンアップで忘れては行けないこと

アプリのバージョンアップの時、忘れてはいけないこと。それは

○Wi-Fi接続

です。これを忘れてしまうと、貴重な自分のパケット通信量を消費してしまいます。Wi-Fiがわからない方は下記を見ておいてくださいね。

>>【今さら聞けない】Wi-Fiって何?iPhoneをWi-Fiにつながらないときの設定方法

YouTubeや今流行している音楽の定額配信サービスのapplemusicやLINEミュージックなどもWi-Fi接続しておかないとデータ通信量が大変なことになるのでご注意くださいね。

アプリの一括更新、ダウロードの方法

アプリの一括更新、ダウロードの方法は大きく分けて2つあります。

1つは自動、もうひとつは手動です。もちろんWi-Fi接続をしておくのが前提です。

【アプリの一括自動更新方法】

自動更新は

【設定】→【iTunes&App Store】→【アップデートをオン】

で行います。オンになると緑色になります。

 

【設定】をタップします。

kousin1

【App&iTunes Store】をタップして進みます。

kousin2

【アップデート】をタップして緑色に反転させてオンにします。

kousin3

アップデートのすぐ下にある、【モバイルデータ通信】は、Wi-Fi接続していない時に自動更新するときには、自分のパケット代を使うよ!という時にはオンにします。

kousin7

※画像はオフになっています。

パケット代がもったいないから、Wi-Fi接続している時以外は自動更新や自動ダウンロードしないよ!という場合はオフにしておきます。

知らない間に自動更新され、自分の貴重なパケットを消費してしまうのはもったいないのでオフにしておいてもいいでしょう。

この説明では自動更新をオンにしたのはアプリのアップデートだけですが、この場所で自動更新できる項目は【ミュージック】、【App(Apple Store)】、【ブック】、【アップデート】の4つです。

まとめて更新するときに、その都度Wi-Fiにつないでいることを確認し、自動ダウンロードをオンにするというのも1つの方法です。

 

次に、アプリの手動一括更新方法です。

 

【アプリの手動一括更新方法】

手動更新は

【App(Apple Store)】→【アップデート】→【すべてをアップデート】

 

で行います。アップIDとパスワードを入れるとまとめて更新が完了します。

もちろんこの時にWi-Fi接続がされていることを確認して下さい。

接続されているかどうかは、ホーム画面などで確認出来ます。上部にあるアレです。

kousin8

→Wi-Fi接続を簡単にする!コントロールセンターって超便利ですので、ご存じない方はご覧ください。

こんな記事も読まれています

→applemusicをオフラインでダウロード保存して聴く方法

→iPhone6s、iPhone7の発売日とその発表はいつ?

→iPhone6s、iPhone7の発売日はいつ?予約方法と開始時期を丁寧に

→iPhoneが遅い時にやってみて効果的だったこと

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.