【iPhone6s,iPhone6sPlus,7手帳型カバーケース】URBAN ARMOR GEAR米軍仕様の耐衝撃&実用性

61-7HP5WGIL._SL1223_

米軍規格をクリアしたiPhone6s,iPhone6sPlus,7のカバーケース。
URBAN ARMOR GEAR略してUAG(アーバンアーマーギアー)。

耐衝撃と実用性に手帳型というデザイン性を兼ね備えたiPhone6s,iPhone6sPlus,7に最適なスマホカバーケースです。

こんな記事も読まれています

→applemusicをオフラインでダウロード保存して聴く方法

→iPhone6s、iPhone7の発売日とその発表はいつ?

→iPhone6s、iPhone7の発売日はいつ?予約方法と開始時期を丁寧に

→iPhoneが遅い時にやってみて効果的だったこと

アメリカ国防総省が定めた規格基準クリア UAG(URBAN ARMOR GEAR,アーバンアーマーギアー)

61-7HP5WGIL._SL1223_出典 アマゾン

URBAN ARMOR GEAR(UAG,アーバンアーマーギアー)はアメリカ国防総省が定めた基準をクリアしたスマホカバーケースです。

ここまでやっていいのかと思うほど、通常の生活では考えられないほど頑強な作り、堅牢性になっています。

基準とは「MIL-STD-810G, Method 516.6Procedure IV」が正式名称です。

米軍の使用する軍用品を採用する際に試験を行うのですが、その時におこなう試験がこの「MIL-STD-810G, Method 516.6Procedure IV」というわけです。

基準は全部で6つ。以下の項目となります。

○温度試験 :動作がマイナス30度~60度に耐えうること

スマホの使用の最適温度が0~35度、平均で22度と言われており、それを大きく上回る基準となっています。

アーミーやネイビーが使用する過酷な温度環境においても耐えうるカバーケースとなっており、通常使用のでは十分な温度設定です。

○温度衝撃試験 :急激な温度変化への耐性

こちらもアーミーやネイビーなどがスマホを使用するときには普段の生活からは考えられないような温度変化を体験することとなります。

そうした過酷な温度変化にも耐えうる仕様となっています。

○湿度試験 :高湿度な環境への耐性

機械が一番苦手としているのが水です。もっと言えば湿度でしょう。

高温には耐えられても高湿度には耐えられない精密機器はこうした高湿度に耐えうる仕様のカバーケースは非常に相性が良いものとなっています。

○衝撃試験 :耐衝撃能力

ほとんどの方はこの衝撃目的で購入されることでしょう。

○落下試験 :約120センチからの耐衝撃

約120センチからの落下試験に耐えうるものであることが求められます。

無防備な人間が120センチから倒れこんだ場合、怪我の度合いは想像に難くないと思います。

○振動試験 :耐振動が可能かどうか

振動試験による耐振動性能を評価します。

これらの試験を通ったものだけが米軍に採用されるという厳しい基準となっています。

もちろん普段の生活では起こりえないようなシチュエーションも想定されているので頑強な作りなのは間違いありません。

手に持って歩くとはいえ、精密機械を持ち歩くというのは非常にリスクが伴います。

過去に販売されていたノートパソコンなどは、製品の仕様の問題で衝撃が加わるとハードディスクの破損が起こりやすい欠点がありました。

温度変化や湿度に対してもコンピュータは脆弱です。それを補うのがこのURBAN ARMOR GEAR(アーバンアーマーギアー)のスマホカバーケースです。

URBAN ARMOR GEAR(アーバンアーマーギアー)のカバーケースはそれなりにお値段しますが、iPhoneの破損はそうそうありません。

だからこそ事故と同じ万端な準備が必要です。大事なiPhone6s,iPhone6sPlus,7を守るならばここまでやってもいいと考えます。

スポンサードリンク

URBAN ARMOR GEAR(アーバンアーマーギアー)の口コミから評価を分析する

61Wktpfn0yL._SL1187_出典 アマゾン

iPhone6s,iPhone6sPlus,7に使いたいURBAN ARMOR GEAR(アーバンアーマーギアー)のカバーケースをiPhone6、6Plusの口コミから分析してみたいと思います。

購入者の前向きなの口コミレビュー
ajfoun-651350_640

まず、ちょっとしたことじゃ壊れなさそうです!

そしてかっこいい!角の部分は他の部分よりがっちりとしています。

しかし重い!まあ、でもこの点は丈夫故のコトなのでしょうがないですね。全体的には良いのですが、
ケースのボディと蓋をつなぐ部分が弱々しいカードを入れる部分の作りが雑ということで☆4つです!

【引用 アマゾン 】

 

やっぱり見た目もかなりゴツくて壊れなさそうですが、やはり手にとった感触も同様のようです。

残念ながら、重さと強さはセラミック製でもない限り避けられないようです。つまり重いこと≒強さという事になります。

とはいえカバーの重さは実際には100グラム程度。

女性ですと少し重く感じる可能性がありますが、男性ならこの程度ならほぼ許容範囲だと考えられます。

スマホが多いくなっていますので、スマホの重さ+カバーケースの重さ、となればそれなりになるのはしかたがないことですね。

あとアメリカ製だからというわけではないと思いますが、若干作りが雑な部分もあるとのこと。堅牢性はある分、緻密な部分は若干目をつぶるというアメ車みたいな作りになっているんだなと感じます(笑)

細かな製品の綺麗さは、傷がつくことが前提のカバーケースでも我々日本人には気になるところですね。

ディスプレイカバーでカメラが撮影しづらいという口コミレビュー
girl-549153_640

iPhoneを持つとき滑りにくくなります。カメラを取る時はディスプレーカバーが邪魔で撮りにくいです

【引用 アマゾン  】

iPhoneが滑りづらくなり落下の対策となっているご様子。

しかし、カメラはディスプレイカバーがジャマで撮影がしづらく鳴ってしまうとのこと。なるほどちょっと残念ですね。

このURBAN ARMOR GEAR(UAG,アーバンアーマーギアー)は耐衝撃ケースには珍しい手帳型となっています。

手帳型は知性を感じさせてくれたり、おしゃれさもあります。衝撃にも対応できるので非常に人気が高くておすすめのiPhoneカバーケースです。

手帳型そのものがカメラを撮影しづらいとすると、この方のご不満は手帳型特注のものとなりますし、URBAN ARMOR GEAR(UAG,アーバンアーマーギアー)だけの問題なのか?がちょっと気になります。

いずれにしても耐衝撃に関して、不満がある口コミレビューではないようですね。

おしりに入れて座っても壊れないという口コミレビュー
jeans-1751_640

とにかく 使いやすさより 丈夫なケースお探しの方にはおススメ!
お尻のポケットに入れても 何も不安なく座れますね 座った時邪魔では有るけど(笑)

【引用 アマゾン   】

iPhone6、iPhone6Plusが発売された当初、おしりに入れて壊れたという話ありましたよね(笑)

当時、iPhoneが2つに割れてしまったという動画が出回りました。あれって実際おしりに入れて通常の使用では考えられないほど衝撃を与えたのではないか?と思うのですが真相はどうなんでしょうか?

この口コミの方のお話では、おしりに入れてもジャマになる程度で済んでいるとのこと。決して折れたり曲がったりすることはないようです。

やはりこの方も書かれてらっしゃるのは、「使いやすさよりも丈夫さ」ということです。

iPhoneを買ってすぐに画面を破損したり、傷をたくさんつけてしまったというトラウマがある方に非常に人気が高いですね。

その他には、長期間使用していると部分的な破損をしてしまうという、若干マイナスな口コミレビューもありました。

消耗品とはいえ、iPhone6s,iPhone6sPlus,7発売の際には、ケースカバーを長く使えるのに越したことはありません。ほとんどの方は前向きなプラスの口コミレビューということを考慮してどのカバーケースにするのかをご検討いただければと思います。

 

こんな記事も読まれています

→applemusicをオフラインでダウロード保存して聴く方法

→iPhone6s、iPhone7の発売日とその発表はいつ?

→iPhone6s、iPhone7の発売日はいつ?予約方法と開始時期を丁寧に

→iPhoneが遅い時にやってみて効果的だったこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.