ソフトバンクiPhoneのテザリングとは?料金の仕組みと方法をご説明

smartphone-789625_640

ソフトバンクのテザリング料金ってどうなってるの?

Wi-Fiとの違いはなに?そんな疑問にお答えいたします。

こんな記事も読まれています

→applemusicをオフラインでダウロード保存して聴く方法

→iPhone6s、iPhone7の発売日とその発表はいつ?

→iPhone6s、iPhone7の発売日はいつ?予約方法と開始時期を丁寧に

→iPhoneが遅い時にやってみて効果的だったこと

テザリングとはなにか?

workspace-820315_640

テザリング。言葉に惑わされてはいけません。仕組みはカンタンです。料金システムもカンタンです。

意味分かんないよーという方。大丈夫です。何度も言いますが、言葉に惑わされてはいけません。

テザリングの具体例を挙げてみましょう。

【材料】 Wi-Fi機能がついたノートパソコン1台

あるとき。あなたは家にあるノートパソコンを持って外に出ました。

ところがインターネットが使えません。どうしても持ってきたノートパソコンをインターネットに繋いで調べたいことが出てきてしまいました。

でもノートパソコンだけだとインターネット出来ません。

家でやっているように有線のLANケーブルでつなげればいいのに。無線LAN(Wi-Fi)でインターネットにつなげればいいのに。そう考えたあなたはいいことを思いつきました。

iPhoneがあるじゃないか!iPhoneを使ってノートパソコンをインターネットに繋げないか?

iPhoneはインターネットにつながります。なのでiPhoneを通してノートパソコンでインターネットをすることにしました。


テザリングはこれだけ。これがテザリングです。カンタンでしょ?(笑)

iPhoneを使ってテザリング。スマホを使ってテザリング。そんな理解で十分です。

スポンサードリンク

Wi-Fiとはなにか?

wireless-157104_640

Wi-FiはWi-Fiルーターと言われる機器とiPhoneやノートパソコンを

Wi-Fiという「電波で」つないでインターネットをする。これだけです。

家だと、壁まで来ているインターネット回線にWi-Fiルーターと言われる機器を接続します。

さらに、Wi-Fiルーターと言われる機器はインターネットにつながる電波を飛ばしています。この電波をiPhoneが拾えばインターネットに接続できます。

インターネットをLANケーブルでつなぐか?あるいはLANケーブルを使わずにWi-Fiルーターが出す電波で接続して行うか?その違いだけです。

これだけです。カンタンでしょ?(笑)

BluetoothはとWi-Fiはどう違うの?

bluetooth-316055_640

BluetoothはWi-Fiよりもとても弱い電波です。逆にWi-FiはBluetoothよりも強い電波です。

まず電波が届く距離がそもそも違います。Wi-Fiは隣の部屋に届きますが、Bluetoothは電波が弱くて届きません。

そういった「弱い電波」という性質もあって、Bluetoothは近くにあるカンタンなキーボードやマウスなどのカンタンな入力機器に使用されています。

スマホからBluetoothでヘッドフォンにつなぐこともありますし、スマホからカーナビなどへつないで音楽を飛ばすこともあります。

一方、Wi-Fiは電波も強いのでデータ通信を行うのにも向いています。

そのため

【インターネット】→【Wi-Fiルーター】…→【スマホ】

逆に

【スマホ】…→【Wi-Fiルーター】→【インターネット】

※ …→は無線(Wi-Fi)を表しています。

という接続が可能です。Wi-Fiを使ってアプリや音楽、動画など大きなサイズのデータ通信が可能となります。

そのかわりBluetoothはバッテリーの電池消耗が少なくて済みますが、Wi-Fiはバッテリー電池消耗がBluetoothよりも激しくなります。

テザリングには、スマホと同じパケット通信量の問題がある

office-620823_640

インターネット出来たのは良かったのですが、パケット通信量はついて回る問題です。

ソフトバンクでは、上限に達するか、あるいは直近3日間(当日は含まない)で約1GB以上で速度制限がかかります。

インターネット接続してやりとりするときには、すべてがパケットと言われるデータの塊として扱われます。

○音声(アプリ通話)

○音楽

○画像

○動画

○文字

○アプリ

これらはインターネット接続してやりとりするときには、パケットという名前のデータになってやりとりされます。

もちろん大きな画像や大きな動画ファイルをダウロードするとき、送るとき。この時にはそれ相応のパケットをやりとりして成り立っているのです。

例を挙げましょう。

宅配便や郵便を出すとき。あるいは受け取るとき。大きな荷物だと料金が上がりますよね?

この料金がパケットにも同じように適用されます。

そしてそのパケット通信量は月ごとに決められており、ソフトバンクでは契約形態によって2G、5G、7G、10Gとなっています。

ソフトバンクでは「スマ放題」といって定額性となっているサービスがあります。さらに、このデータの送受信は、個人ごとに異なります。

そして、その人の契約している月ごとのパケット通信量の上限を月内で超えてしまった場合、急激にスピードが落ちます。これがパケ死と言われるものです。

こうなると動画が全くスムーズに見れない、ネットが開くのが極端に遅くてイライラするなどの状況に陥りますよね。

だからこそパケットは節約しないといけません。

だからこそ使える時にはWi-Fiを使う

brown-18335_640

これらに関してカンタンに解決する方法があります。

それは家や外出先では、Wi-Fiを使うことです。

Wi-Fiを使っている時。そのにはパケットは一切消費していません。なぜなら家の場合、家の壁まで来ている回線を使ってiPhone通してインターネットしていることになるからです。

これなら家のインターネット使用料だけを支払えば済みます。

また外出先でWi-Fiスポットにつないでインターネットをしている時には、外出先の壁まで来ているインターネットの回線を使い、iPhoneをWi-Fi(無線)でつないでインターネットをしているので、そもそも無料です。

※例えば、外出先のカフェインターネット使用料は外出先のカフェが払ってくれています。

つまり、自分の使える範囲のパケット通信量はWi-Fi接続をしていない時、あるいはテザリングしている時だけ消費する当事になるということです。

こんな記事も読まれています

→applemusicをオフラインでダウロード保存して聴く方法

→iPhone6s、iPhone7の発売日とその発表はいつ?

→iPhone6s、iPhone7の発売日はいつ?予約方法と開始時期を丁寧に

→iPhoneが遅い時にやってみて効果的だったこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.