iPhone6sに新色カラーにレッド登場!?追加機能は感圧タッチが有力なので検証してみる

pink-143445_640

iPhone6sの発表~発売日、予約開始日が近づくと必ずあります。アレです。

そうですリーク情報!

なんと追加カラーがレッドという話がでてきました。そして追加の新機能はやっぱりアレが有力か?というお話です。

iPhone6sの新色はレッド!?

pink-143445_640

9月初旬の発表→中旬から下旬の発売というのはもはやiPhoneファンなら当たり前のお話です。

そしてもはや当たり前となりつつあるのが、8月の新型iPhoneリーク情報です。それもカラー情報ですが、なんとレッドが仲間入りか?ということです。

レッドと言っても本当に「赤い」のではなく、「ピンクなんだけれども赤を想像させるピンク」です。

女性にとっては嬉しいですね。

 

なにしろ今までは、スペースグレイ、シルバー、ゴールドの3種類でした。どうせiPhoneカバーケースするからわかりゃしないよ!という方もいらっしゃるでしょう(笑)

それでも購入時のきれいなカラー塗装を楽しむのもiPhoneファンならば、秋の風物詩となっています。

正直なところ、カラーに関してはいままではどうしても華やかさが足りないなぁ・・と気がしていました(笑)

あまり増えすぎるのも選ぶのに悩みますし、製造過程において工程を増やすことにもなりかねません。在庫リスクだけは避けたいはずですので、多くても4,5種類くらいのカラーになると予想しています。

iPhone6sの追加機能は感圧タッチか?カメラ機能向上か?

iPhone6の厚みは何ミリかご存じですか?そうです。6.9ミリです(笑)

あまり厚みを気にしたことはないかもしれません。しかし毎日使うiPhoneは手に触れている時間も長いです。

そのため厚みが0.1ミリ単位で変わるだけでも結構違いを感じます。さらにそこにiPhoneカバーケースをするわけですから0.1ミリでも薄いほうが手持ちの時の感触はいいですね。

しかし。

薄い≒正しい。その厚みを世の中の流れと逆行して厚くする理由があります。

それは感圧タッチの搭載です。

ご存じない方も意外と多いのですが、感圧タッチはAppleWatchに搭載されているセンサーのことです。

>>iPhoneの感圧タッチ(ForceTouch)とiPhone6s、iPhone7発売日
感圧タッチが一般的になっていけば、ホームボタンがなくなっていく可能性だってあるわけです。さらに2015年はAppleWatchが発売された記念するべき年です。

実際あまり売れていないという話もありますが(汗)しかしそれでもAppleWatchは、スマホという枠組みを取っ払ってしまうほどのインパクトを持つ可能性があります。

携帯電話を想像できなかったように、スマホも想像できた人がどれだけいたか?

そう考えれば、AppleWatchではなくても新商品の爆発力を期待するのもご理解いただけるかと思います。

新型iPhone6sは「S」の年ですから、過度の期待はしません。

アップル社のテレビCMがやたらにカメラ推しなのも、新型iPhone6sにカメラ機能を向上させるなにかがあるのでは?と勘ぐってしまうのは発売日が近い証拠だからでしょう(笑)

それでも新型iPhone6sの発売と予約開始を期待する。それはiPhone6sという新商品が生活や世界を変えていくのを体感したい気持ちもあるのだと感じますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.