iphoneのネットが遅い時にやってみて効果的だった3つのこと

sea-turtle-335839_640

 iPhoneのネットが遅い原因は主に3つ。

4GLTEなどが普及してきましたたが逆に速度制限がかかることもあります。対策と確認方法についてお伝えしていきます。

ネット接続が遅い原因 障害発生中か、周囲に利用者が多くいる

team-386673_640

今いる場所にもよりますが、周囲に利用者が多い場合はネットが遅いことがあります。

当然のことながら、ネット通信は電波を利用しています。大きく分けると電波の利用は

○家のインターネット接続

○屋外のインターネット接続

にわかれます。

そして、ネット通信の電波は水道管をとおる水と似ています。

 

faucet-761100_640

本当にざっくりと考えれば、屋外でのネット接続は利用上限のある水道だと思っていただけるとわかりやすいですね。

水道管の大きさは既に決まっていますから、利用できる水の上限は決まっています。

そのため、みんなが一斉に水を使い始めたら水の量がそれぞれに分配されてしまうので自分が使える水は減ってしまうんですね。

これが屋外でネット通信が遅い時の原因の一つです。

もちろん通信障害が発生しているという時もあります。お祭りなどのイベント時には結構遅くなります。外出時に急に重くなった場合には、友人や家族の通信状況も合わせ、これらを疑ってみてください。

もちろん自分だけが遅い!という場合には、さらに次の2つが考えられます。

ネット接続が遅い原因 データ通信制限がかかってしまった

information-boards-105193_640

データ通信は上限が決まっています。

それも知らない方が意外と多いのですが、先ほどの水道の例と同じです。一般的な水道は料金を払えば使い放題に近く使うことが出来ます。(もちろん程度はありますが)

ところが。

iPhoneをはじめとするスマホはインターネットに接続して初めていろいろな機能が成り立ちます。アプリを使ったり、音楽をダウンロードしたり、メールをするのも同じです。

このやりとりにはパケットと言われるデータの塊が使われています。

このパケットには携帯電話大手3社のスマホには一定の上限がかけられているのが普通です。ところがこのパケット利用量は、動画や音楽、アプリやメールなど、使えば使うほど多くなっていきます。

そうしていつの間にか自分が使えるパケット通信の上限に達していることがあり制限をかけられることがあります。

そのパケット通信の利用上限は、携帯電話大手3社は最大で月に7Gとなっています。

seven-145579_640

さらにパケット通信が3日で1Gを超えた時にもかかってきます。3日で合計1G超得た時、もしくは月に7Gということですね。

そして契約形態によっては2G、3Gという契約の方も多くいらっしゃいますがどのくらいなのか想像がつきづらいですよね。

例えば、7Gと聞いてパッと浮かぶのが動画です。動画はDVD1枚を見るとだいたい2G(表裏で4G)ほどあります。ですから動画や音楽を外出先でバンバン見たり聞いたりすると、すぐに利用制限に達してしまうんですね。

ちなみに、このデータ通信制限への対策は

○Wi-Fi接続を利用すること

です。Wi-Fi接続はほぼ使い放題と同じことですからパケット通信量を気にせず使えます。

また、Wi-Fi接続が出来るのは

○家でルーターからWi-Fi接続

○屋外のWi-Fiスポットで接続

です。こうした理由から、Wi-Fiスポットを利用できるお店はお客様のメリットにもなるので導入が進んでいるんですね。

スポンサードリンク

ネット接続が遅い原因 iPhoneそのものが重くなっている

weights-646496_640

iPhoneのネットが遅い時にはiPhoneそのものが重くなっていることも考えられます。

わかりやすく説明するならば、iPhoneはパソコンと同じですが電源を入れっぱなしにしているので

パソコンで言うフリーズに近い状態になっている

ことがあるんですね。こうなるとアプリやブラウザの動きが遅くなったり、最悪の場合はアプリが急に落ちたりすることがあります。

アプリのゲーム中なんかに落ちる場合は、この理由が多いですね。

 

この原因は

○アプリを立ち上げすぎている

○通信状態が悪いのにアプリの同期などが始まってしまった

事が挙げられます。ついついたくさんアプリを立ち上げすぎてしまうのですが、これがiPhoneに取っては結構な重荷になっているのです。

いくら高性能なiPhoneでも複数のアプリが立ち上がっている状態はパワーを奪われる状態です。ちょうど車が急な坂道を登るときに多くの人を乗せて、さらにエアコンを全開にしているようなものです(笑)

坂道を登る自転車なら、スーパーから帰ってくるときに買い物をしすぎてしまい向かい風が吹いていて、さらにタイヤの空気が入っていないようなものですね。

こうなると誰の自転車でも止まります。iPhoneも例外ではありません。

iPhoneのネットが重くなった時の対策としてできること

office-620823_640

対策としてできることは

○使ってないアプリを閉じる

○一度電源を落としてリセットする

です。使ってないアプリはメインのボタンを2回押します。そうするとこんな画面になります。

下から上にフリックすることでそのアプリを閉じることが出来ます。

osoi5

あとは視覚効果を減らすようにしましょう。

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」で視覚効果を減らすをオンにします。

 

osoi1

アクセシビリティを押す

osoi2

視覚効果を減らすを押す

osoi3右の部分が、緑になっていればオンになっています。

osoi4

iPhoneが新しくなるに連れて、視覚効果が豪華になってきました。

ところが視覚効果を豪華にするとiPhoneの動きを圧迫してしまうので、結果遅くなります。あまりこだわりがない場合は視覚効果は減らすをオンにしておきましょう。

アプリは閉じたからといってデータが壊れることもリセットサれることもありません。(削除したらリセットされるものがあるので注意)使うときにはまたクリックして立ち上げれば済むことです。

また電源を落としてリセットするのは、iPhone内部を一度整理できるからです。

iPhone内部にはとてつもなく多くの情報がやりとりされています。放置している状態の時でも通信が行われているアプリもあります。ボタン1つ押しても中ではとてももない回数のやりとりがあるのです。

ところがときどきこの中にどこに行っていいのかわからない情報が溜まってきたりします。いわゆるゴミや誇りみたいなものなのですが、これがiPhoneの動きを邪魔することがあります。

一度電源をリセットすることでそれらがクリアーになります。

遅くならなくてもたまにやっておくと快適になるのでぜひお試しいただければと思います。

iphoneのネットが遅いとき まとめ

three-wheeler-336700_640

iPhoneが遅い時には

○アプリや電源を落としてみる

○周囲のスピードを疑ってみる

○データ通信制限がかかっている

という流れで考えてみてください。もし何も考えずにいままで通信していた!という方がいらっしゃるようでしたら

○家ではWi-Fi接続する

○屋外ではできるだけWi-Fiスポットを利用する

ようにしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.