iphone6s新機能!Live Photosで壁紙が劇的に!1200万画素と4kビデオがアツい

lens-515480_640

まるで生きているかのように動く待受や壁紙。

iphone6sのカメラ機能が劇的進化を遂げ、ライブフォト機能となりました。
1200万画素の写真と4kビデオ。壁紙が動きます。あなたの壁紙が劇的に変化します。

>>あまりし知られていない iPhoneを爆速で購入する方法とは?

その瞬間の前後を音といっしょに捉える

写真を撮影するのは、一瞬で終わりです。
その瞬間、その一瞬を撮影するだけ。だからこそ瞬間のすばらしさが残ります。

一方、このLivePhotos(ライブフォト)は、ボタンを押し続けている間は撮影が出来ます。つまり「その撮影した瞬間の前後」を音とともに撮影してるということです。動画をご覧になった方はおわかりかと思いますが、音もしっかりと入っています。

お子さんの成長を記録したり、2度とないきれいな風景を音と一緒に撮影する事ができるんですね。

しかし、数秒の動画とどう違うのかわからないですが(笑)

写真機能ということにわかりはありませんので、遠くにいる人と今いる場所の臨場感を共有するなどのやり取りにも使えそうです。インスタグラムとかにも使えると更に幅が広がりそうな予感がしますね。

ライブフォト(LivePhoto)機能は新型iphone6sの隠れた機能と言ってもいいくらい、劇的に写真の楽しみ方を変えてくれると考えます。画像以上にデータ量を食いそうな気がします。あと、パケット消費はかなりありそうなので、頻繁に使う場合はWi-Fiを使ったほうがイイと考えます。

>>あまりし知られていない iPhoneを爆速で購入する方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.