LINE HEREの使い方!プライバシーに注意してアプリを楽しもう♪

2015-08-22 10.01.16

迷っちゃったよ・・もぅ~今どこにいるの!?
LINE HEREを使えば、いちいち電話やメール、LINEで確認する必要がなくなります。

ただしプライバシーを守るために使い方には注意して利用する必要があります。
設定時にも注意点がありますのでご覧ください。


LINE HEREの使い方はどうなってるの?【概要編】

people-314481_640

LINE HEREの使い方の簡単な流れは下記の通りです。
※ダウンロード~細かな使用方法については後述致します。

●ダウンロードとインストール、同意●ログイン(LINEでログインかFBでログインなど選択)

●位置情報をシェアするグループ等を作成

これだけです。簡単でしょ?w

LINE HEREのその他の機能と特徴

brown-15723_640

便利機能が詰まったLINE HERE。その他の機能と特徴があります。それは

●グループ(シェアルーム)を複数作成可能

→恋人やお友達など使う相手を選べる

●200名まで参加することが可能

→たくさんの人数での待ち合わせも快適

●最高で24時間タイマー設定

→プライバシーに注意するための機能

です。これらを上手に使いこなしていきましょう。

スポンサードリンク

取扱注意!?利用上の注意点

assassination-attempt-268910_640

LINE HEREは簡単にいえば、自分の居場所を伝えるアプリです。

逆に言えば、自分の居場所が簡単にバレてしまう可能性があります。利用案内にはこんな文言があります。

■アプリを閉じている場合でも、バックグラウンドで位置情報はシェアされます

→つまりアプリを閉じていてもグループ内には位置情報がわかってしまう。位置情報を伝えたくない時でもそれが伝わってしまうことがあるということです

■位置情報シェアをストップするには、機能を無効化するかルームを退出してください。

→つまり位置情報シェアは自動で行われてしまうので、機能停止するかグループ(ルーム)退出以外にシェアストップ出来ないということですね。

■招待するのは信頼できる人のみにしてください

→信頼できる人だったとしても、必要なとき以外は位置情報シェア停止します。そうしないと意図せず自分の位置情報がシェアされてしまう事になります。注意が必要です。

■誰でもメンバーを招待、削除、タイマー設定、タイマーの変更ができる

→メンバーの誰もが設定変更可能なので便利。
しかし、自分が招待してほしくない人もグループに招待されてしまう場合がある。

→グループはいくつか作成できるので細かく設定して対応するのがいいですね。

→複数のグループ作成ができますが、増えすぎると誰がどこのグループか把握、管理するの手間がかかります。

■電池消耗は意外と早くなります

→アプリ使用中はGPSがフル稼働します。つまり、電池消耗は激しくなります。
お友達や知り合いと出会うことができたら、なるべく切っておくのがいいでしょう。その他のバックグラウンドで動いている不要なアプリも切っておくのがいいですね。

何度もお伝えしますが、グループに招待する人はしっかり選ばないとプライバシーがどんどん漏れてしまうことにもなります。

招待する相手はしっかり選ばないといけません。

また、大切な友人や恋人でもいつでも居場所を確認されている。それはある意味監視されているようなものです。気分は良くないですよね。

不要な時には必ず機能をオフにしておくことをオススメいたします。

LINE HEREのダウンロード~使い方まで 細かな注意点も

assassination-attempt-268910_640

【APP STORE】→【ダウンロードとインストール】→【同意】→【招待】→【送信】

で使うことが出来ます。

 

【APP STORE】→

2015-08-22 10.00.01

【ダウンロードとインストール】→
下記の画面でいずれかを選択します。

here1

位置情報の利用許可をするにしておかないと、アプリ利用ができません。許可を選択します。

 

here2

 

【同意】→

here3

あとは利用規約などにチェックを入れて送信します。

here4

こちらの完了をタップして進みます。

here5

【招待】→

認証作業が完了すると招待画面に入ります。まずは自分の場所を表示します。

here6

招待したい人を選択して招待するために下の+ボタン(招待)で人を招待する人を選択しましょう。

here9

LINEをタップするとLINEの友人の中から招待する人を選択できます。
LINE、SNS、URLコピーをタップすると位置情報のURLが自動作成されて、コピーした状態になります。もちろんSNSでもシェアが可能です。

ここではLINEを選択したことにします。

here11

【送信】

LINEでシェアしたい人を選択します。
下にシェアする人が追加されて、右上には送信ボタンが出現します。送信ボタンをタップして進んでください。

here13【※注意点】位置情報サービスがオンになっていない場合
そのときには、下記のようなポップアップが出てきます。設定へ移動して位置情報サービスをオンにしてください。

here7

 

位置情報をシェアしたい相手に送信されました。

here14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.