【今さら聞けない】iCloudでiPhoneを探す!パソコンでiPhoneの位置を調べる方法!

Screenshot_2

もしかして。
icloud.comにログインできないので「iPhoneを探す」が使えないですか?

万が一の時に備え、icloud.comにログイン、サインインするし、iPhoneを探すを実際に使って探す方法。そして最終手段のデータ削除方法をお伝えします。

こんな記事も読まれています

→applemusicをオフラインでダウロード保存して聴く方法

→iPhone6s、iPhone7の発売日とその発表はいつ?

→iPhone6s、iPhone7の発売日はいつ?予約方法と開始時期を丁寧に

→iPhoneが遅い時にやってみて効果的だったこと

まさかiPhoneを探すをオン→オフにしてませんよね?

office-336368_640

iPhoneを探すは便利な設定です。

もちろん万が一の紛失に備えた方法ですが、まさかオン→オフにしていませんよね?(笑)

設定はiCloudがひつようとなりますが比較的簡単な設定ですし、万が一の紛失時に後悔しないように設定してください。

紛失時に備えてオフにしておくべき設定はどちらかというと下記です。ご確認ください。

>>iPhoneを探すの設定をするときに気をつけるべきこと

 

iPhoneを探すを実際に使ってみる

iPhoneを探すはiCloudを使います。

https://www.icloud.com/ にアクセスしAppleIDとパスワードを入力してください。

※事前にiCloudの設定をしておく必要がありますが、ここではそれが済んでいるものとして進みます。iCloudのIDとパスワードがわからない場合は下記でご確認ください。

>>iCloudのIDパスワードを調べる方法

 

Screenshot_2

ログインできましたらiPhoneを探すをクリックして進みます。

 

iPhonesagasu1

すると画面にiPhoneがある場所の地図が出てきます。

Screenshot_4
「iPhoneを探す」をオンにしてあれば、あなたの探しているiPhoneの現在地が出てきます。

iPhonesagasu0

左上の「+」ボタンで拡大していきます。

iPhonesagasu2

画像の通り、iPhoneがある場所は緑の丸になっています。
iPhoneをダブルクリックしますと「i」マークが出てきます。をクリックしますと、こんなポップアップが出てきます。

iPhonesagasu3

この画像の下部にある3つでiPhoneを遠隔から操作できます。

スポンサードリンク

iPhoneを探すの遠隔操作

iPhoneを探すでは下記の3つの操作が可能です。

※iPhoneの消去は慎重に扱っていただく必要があります。

○サウンド再生

音を鳴らして紛失したiPhoneの周囲に伝えます。音は2分間鳴り続けます。

意外と大きい音です。誰も拾っていない場合はこの音で気づいてもらえる可能性があります。

※バッテリがなくなる可能性があるので、場合によって使い分けル必要もありますね。あまり鳴らしすぎないようにした方がいいかもしれません。

○紛失モード

メールの通知設定と同じく、液晶画面に通知を表示できます。

その通知内容を入力して送信することが出来ます。こちらの連絡先を入れることも出来ますし、警察に届けてもらうように文字で指示を出すことも出来ます。

こちらの連絡先を入れることが出来ます。(紛失したiPhoneの電話番号を間違って入れないようにしましょう)

Screenshot_8

拾った方へのメッセージを入れることが出来ます。
Screenshot_9

○iPhoneの消去

遠隔操作ですべてのデータを削除する事ができます。
ただしこれは最終手段です。データも何もかも消えます。(iCloudにバックアップ保存してあれば何とかなりますが。)

Screenshot_10

こんな記事も読まれています

→applemusicをオフラインでダウロード保存して聴く方法

→iPhone6s、iPhone7の発売日とその発表はいつ?

→iPhone6s、iPhone7の発売日はいつ?予約方法と開始時期を丁寧に

→iPhoneが遅い時にやってみて効果的だったこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.