もうイヤ!ios9の不具合頻発!もしかして9→8に戻せる?

news-507782_640

1.3Gとスリム化したios9。
案の定、アップデートでの不具合がやはり散見されました。

ios8→9のようにメジャーなアップデート時には、必ずと言っていいほど不具合が発生します。また、今回のios9のアップデート不具合は、フリーズするなどのバグが多いのも特徴です。

ios9→ios8に戻せるの?

brown-15723_640

残念ながら戻すことは出来ません。

iPhoneのosは新しバージョンに一度アップデートしてしまうと、前のバージョンに戻すことは不可能です。

そのためios8→ios9のような大きなアップデートの時には、時間をあけて不具合が落ち着いた頃に導入するのが望ましいです。自分がアップデートして不具合該当者となった場合のストレスはかなり大きいと言わざるを得ません。

スポンサードリンク

不具合の種類は?

ios9へのアップデートはiPhoneならば4sから対応が可能とのことでした。しかし、残念ながら本体の性能がios9のスペックについていっていないような不具合が多いです。

それは例えば

●劇的に遅くなる

●フリーズ

●電源が落ちる

具体的には

●スライドでアップグレード画面が表示され続ける

●特定の機種ばかりに同じ不具合が起きる(フリーズなど)

です。

【LINEなどのアプリに不具合や支障が出ているケース】

【全体的に劇的に遅くなっているケース】

 

【旧型のiPhoneが重くなったケース】

 

 

LINEアプリなどの不具合は、アップデートがあればほぼマチガイなく起こると考えていいでしょう。なぜならそれまでとアプリを動作する環境が変わるためです。過去の仕様、環境に合わせて作られているアプリでは対応ができなくなるため不具合が起こると考えるのが普通です。

ですからiosアップデート時には、iosに合わせてアプリ側で対応する必要があります。

もちろん、すべてのアプリが使えなくなるということはまずありません。話を戻しますと、PCでフリーズしたり、電源が落ちるなどの不具合が起きる場合。これは主に本体の性能を超えた使い方をしている時に起こります。

 

本体の性能を超えるとは、同時にたくさんの作業をしているなどの状態です。ソフトを複数一気に立ち上げたり、ブラウザを大量に開いていたりすることを指します。

ところが、iPhoneでそうした不具合を体験することはまずありませんでした。ところがios9に関しては、iPhone4sやiPhone5などの適応可能範囲のギリギリの機種で不具合が多発しています。

 

これは、旧型iPhoneなどの本体の性能を超えるスペックが、ios9にある。

 

そう言っていい部分があるのでしょう。もちろんiPhone6で不具合が全く無いか?といえばそうではありません。しかしスリム化したios9は1.3G程度となったとはいえ、それはあくまで容量面だけの問題です。

ios9を入れた本体の処理スピードや処理負担に関して言えば、Apple社としても多くのユーザーに使ってもらってはじめて分かる未知の世界です。

Apple社としては走りながら、治療をしていく形となりますね。

iPhone6sの発売に併せて、直前にはios9.0.1リリースとなります。旧型のiPhoneの不具合や支障箇所の改善を期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.