iCloudにバックアップできないときの対処法!警告メッセージに注目すべし。

cloud-37010_640

iCloudって全力でわかりづらいですよね(泣)

でも知っていると万が一のときに便利なんです。後悔先に立たず。使わないのはもったいないです。

iPhoneデータをiCloudにバックアップ出来ない時。その対処法についてお伝えしたいとおもいます。

バックアップ出来ないときには、まず警告メッセージに注目するべし。

cloud-37010_640

結局のところ、iCloudにバックアップ出来ないのは

□容量不足

□接続エラー(その他も含む)

 

がほとんどです。中でも容量不足はバックアップ出来ない理由の大部分を占めていると言っても過言ではないでしょう。なぜなら管理人がそうだったから!・・です。

バックアップ出来ないときに出てくる警告メッセージがあります。

あのメッセージにはすごく大事な意味が込められています。その警告メッセージでどうしてバックアップ出来ないのかがわかります。有名ドコロを見ていきましょう。

●「Not Enough Strage」

●iCloud ストレージに十分な空き領域がないため、この iPhone のバックアップは作成できません。

●この iPhone のバックアップを作成するには、空き領域があと [容量] 必要です。

 

→容量不足

足のサイズが29センチなのに、24.5センチのハイヒールは入りません。満員電車にお相撲さんが後から100人乗り込むのは不可能です。

つまり、容量が不足しているのにバックアップは出来ませんよね。

iPhoneを購入した方が無料で使えるのは5Gまで。これは誰もが使えるiCloudの容量です。ただし最近変わったのですが、有料プランがめちゃくちゃ使いやすくなってます。

毎月130円かかりますが、50Gまで容量を拡大することも可能です。

iCloud1

それでも「130円余分に払ってたまるか!」と、5Gのままで粘りたい方は、データの断舎離していただくしか無いです。不要なデータ、必要なデータを選別するしかありません。

ちなみに。「これ以上金払ってたまるか!」と無料5Gで粘っていた管理人。現在は50Gで利用中で写真のデータ量もあまり気にしなくなりました。とても快適です(笑)

バックアップで特に注意するべきなのは「写真(動画)」です。

iCloud2

この2つが無料5Gを圧迫するのでバックアップできないことが多いです。写真や動画を保存したい場合は、容量をアップするかiTunesにバックアップするのがいいでしょう。

管理人はさらにドロップボックスなどのクラウドを追加で利用しています。これはまた別の機会でご紹介します。

スポンサードリンク

さて他の警告メッセージですが、

●バックアップを作成するには Wi-Fi ネットワークに接続する必要があります。

●この iPhone はバックアップが作成されていません。バックアップは、iPhone が電源に接続され、ロックされ、かつ Wi-Fi に接続しているときに作成されます。

 

→バックアップの環境が悪い

iPhoneをiCloudにバックアップ作成するためには、ある要件があります。

office-624749_640

それはWi-Fi環境と電源確保です。この2つがないとバックアップしてくれません。

Wi-Fi環境とはWi-FiルーターにiPhoneが接続されている状態です。もちろんバッテリーもしっかり確保されていないとダメです。

理由は簡単で、大事なバックアップの最中に電源がオチてしまったらデータ破損する可能性があるからです。

あと、Wi-Fiじゃないと遅すぎて、寝る前にバックアップを開始したのに、朝になっても終わってない!ではお話しにならないから、というわけですね。

ちなみに、Wi-Fiって何?という方は下記を読んでみてください。

>>Wi-Fiってなによ?お金かかるのかしら?

正直なところ、iTunesにバックアップするのが手っ取り早いですぜ

正直なところ、iCloudのバックアップが出来ない状態があまりに続く場合、iTunesにバックアップするのが一番早いです。iTunesにバックアップするというのは、PCにバックアップするということです。

別の方法があるとすれば、iCloudを容量アップして利用するのがベターです。

前述のとおり、管理人はiPhoneのiCloudの容量を50Gにアップしています。毎月130円支払いますがそれでも快適さが上回ります。ペットボトル1本程度でiPhoneの快適さが得られるならばそれもまた良し。

iPhoneの不具合は結構イライラしますから、お金で解決してしまうのも1つです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.