iPhone6S,iPhone7がフォースタッチ(ForceTouch)搭載で発売日の発表!?

michelangelo-71282_640

iPhone6S,iPhone7発売でからホームボタンがなくなる可能性も。

日本語表記だと「感圧タッチトラックパッド」iPhone6S,iPhone7がForceTouch(フォースタッチ)搭載で発売日の発表を迎える可能性が高まっています。

こんな記事も読まれています

 

 

既にフォースタッチはアップル社のMacに多く使用されている技術

stock-624712_640

Appleのサポートサイトには以下の記述があります。

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)、MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)、および MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015) は、新しい感圧タッチトラックパッドを搭載しています。ここでは、その機能と使い方について紹介します。

出典 https://support.apple.com/ja-jp/HT204352

Macのパソコンを使っている方にとっては既に当たり前の技術がパソコンに搭載され、製品化されているということです。

フォースタッチはForce(チカラ)Touch(接触)ですから圧力によって敏感に感じ取ることが出来るセンサーを内蔵しているという技術です。

○強めのクリック

と言われる操作では、ウェブページ上で行えば、必要な情報や次の動作選択がポップアップ(表示)されます。フォルダ上で強めのクリックを行うと、ファイル名を編集できる状態担ったりします。

ウインドウズのパソコンで言いますと、マウスで右クリックをするようなイメージでしょうか。これがスマホ上で行えるようになりますと、いままでサイトで文字を選択するのに手間取っていた経験が緩和される可能性があります。

macro-800234_640

ガラケー時代には実際のボタンを押した感覚がありましたが、スマホでは、画面をボタンのように押した感覚は全くありません。

カチカチという音だけが、かろうじて押した感覚を感じるための手段となっていました。。

ところが、ForceTouchはアップル社が開発したとてつもない技術で、実際にあなたが指で押した部分だけがガラケーのスマホのボタンのように軽く押し込まれたように感じることが出来るのです。

その感覚はまるでボタンがそこに有るかのようだといいます。

さらにそのForceTouchを活かし、ホーム画面でフォルダの名前を編集したり、画像の名前を簡単に変更することができるようになるなど、かなり可能性が広がる技術になりそうです。

スポンサードリンク

実は、AppleWatch(アップルウォッチ)でも使用されている技術

apple-799982_640

実はフォースタッチ(ForceTouch)はAppleWatch(アップルウォッチ)でも採用されている技術というのはご存知でしょうか?

既にお持ちのユーザーはご存知ですが、AppleWatchでは強く押した感覚をきちんと感知するのです。

AppleWatch(アップルウォッチ)で大きな不具合が出ていないどころか根幹をなす快適で好評な技術。

さらにスマホのボタンやキーボードの概念を覆すようなすごい技術が、次期iPhoneであるiPhone6S、iPhone7に搭載されない理由。それはどこにあるのでしょうか?

2015年7月にはアップル社への部品供給するサードパーティ(製造会社)への製造指示が出されたと言われており、ますます目が離せないiPhone6s、iPhone7のとなってきています。

ホームボタンがなくなる可能性もある

entrepreneur-593372_640

このForceTouchはさらにiPhoneの歴史に革命を起こす可能性すら感じさせます。

それはホームボタンがなくなる可能性です。

iPhone6やiPhone6Plusでの大きさのままホームボタンが消えた場合、液晶画面部分にプラスしてホームボタン部分に割かれていたスペースが液晶画面に変わる可能性があるでしょう。

さらにiPhone6やiPhone6Plusは、少なからず自分には大きすぎる!という方もいらっしゃいました。その方たちは敢えてiPhone6を売却し、新品のiPhone5sなどへダウングレードしたと聞きます。

そうした「小さいサイズを希望されるユーザー」にとっては、手に合うサイズの上に、液晶画面が大きくなるという革命が起こればますますiPhoneのスマホの中の地位は高まることが予想されます。

ForceTouch(フォースタッチ)がiPhone6S、iPhone7に引き起こすであろうホームボタンがなくなる技術。そして本体は小さいのに今までよりも大きくなったスマホの液晶画面の大革命。

2015年の9月に起こる衝撃にワクワクが止まりません。

こんな記事も読まれています

AppleMusicの値段はいくらになる?LINE MUSICとの違いについて

AppleMusicを聴くためのios8.4ダウンロードと設定方法は?

AppleMusicはオフラインで保存可能か?パケット通信料を気にせず使う方法!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.