iPhoneの液晶が割れた!修理する?それとも・・・

artwork-142877_640

iPhoneの液晶が割れた場合に修理しますか?

AppleCare+ for iPhoneに加入しているか?即確認してみてください。入っていたら必ずあなたの役に立ちます。

先立つモノがない場合、修理か売却し新しいスマホ購入か悩みますね。最終的に得になるのは何なのか調べてみました。

こんな記事も読まれています

>>iphone6s,iPhone7の販売日はいつ?予約方法と開始時期を丁寧に

>>iphone6s,iPhone7の発売日はいつ?過去の発表日から予想してみた!

>>iPhoneの電池の減りが早い理由と対策!熱いのは設定のせい?

液晶が割れたiPhoneを修理する方法は?

lens-755539_640

修理する方法は

○AppleCare+ for iPhoneを利用して、アップルで修理する

○修理屋さんに依頼する

○諦める←(修理する方法じゃない)

 

予算を考えると修理するよりも本体を売却して新しいスマホを購入したほうが良い場合もあるのでは無いか?と考えました。

つまり

○壊れたスマホを売却して新品スマホ代金にあてる

○修理して使えるだけ使う

のいずれかを選択するということです。

もし、新しいスマホを購入となれば、割れてしまったスマホを買い取ってもらい新しいスマホの購入代金に当てます。液晶が割れたスマホの買取はiPhone6で高く見積もってくれる会社でも2,000円~15,000円。

まあ15,000円というのははっきりいって釣り広告だと思いますので期待はしないほうがいいでしょう(笑)

もし仮にいまのスマホを分割払いで払っている場合は、ローンです。つまり、自分のものになっていないので売却しても結局ローンは残り精算しないと行けません。

さらに言えば新しいスマホのローンも始まるのであまり意味が無いですね。そんなことですから、いろいろ考えると

予算を考えると修理でとにかく安く済んだらありがたい

という結論にいたります。

即確認!AppleCare+ for iPhoneにはいっているか?

fig_applecare

アップル社のHPによれば

すべてのiPhoneには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートがついています。

AppleCare+ for iPhoneに加入すると、保証とサポートがiPhoneの購入日から2年間に延長されます1。さらに、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、1回につき7,800円(税込)のサービス料で最大2回まで受けることができます2。

とのこと。つまりAppleCare+ for iPhoneに加入していると、2年間は7,800円で過失や事故による損傷の修理サービスが受けられます。つまり液晶が割れても7,800円で修理が出来るということですね。

つまり液晶が割れたスマホを安い価格で売却し、その資金を使って新しいスマホを購入するよりも割安に修理できる可能性があるということです。

しかも2年は7,800円で2回まで修理ができます。

水没、液晶割れなどみんな1回位はやってしまうんですが、これなら安心して利用することが出来ます。

スポンサードリンク

AppleCare+ for iPhoneで受けられるすごいサービス

hand-truck-564238_640

AppleCare+ for iPhoneで受けられるすごいサービスがあります。それは

AppleCare iPhone エクスプレス交換サービス

です。AppleCare iPhone エクスプレス交換サービスとは、問題のある(例えば液晶が割れたiPhone)を宅配便で交換してくれるというサービスです。

言い換えれば

1)新しいiPhoneが宅配便で届く

2)問題のあるiPhone(液晶が割れた)を宅配便で返送する

事になります。

もちろん宅配便で返送するまでに、自分のiPhoneのバックアップをどこかにしないといけません。新しいiPhoneにそのデータを移すことになるんですね。

また、SIMカードと言われる自分を認識するカードが本体横に刺さっています。このSIMカードを新しいiPhoneに差し込むことで自分のiPhoneだと認識されるというわけです。

なんとカンタンでありがたいサービスなんでしょう!AppleCare iPhone はこの「AppleCare iPhone エクスプレス交換サービス」のためにあるようなものと思います。

AppleCare+ for iPhoneの金額は?

checkbook-688352_640

契約当初にAppleCare+ for iPhoneに介入すると

月額使用料     576円
総額(計24回払い)     13,824円

 

を支払うことになります。つまり本体代金に13,824円上乗せして支払っているということになります。

損害保険では動産総合保険というものがあります。自分が持っている動産が過失で壊してしまったり、万が一の時に盗難されたりした時に利用できる保険です。

例えばカメラやパソコンなどの動産にかける保険といったらわかりやすいですね。

結局は、この保険に履いているようなものですが、液晶損傷は毎年9月の発売日当日にも破損してしまった(泣)ツイートがツイッターでつぶやかれるなど多発していますので需要はあります。

AppleCare+ for iPhoneに入っていない場合は?

puzzle-210791_640

AppleCare+ for iPhoneに入っていない場合、修理代金が気になります。

アップル社のHPによれば

iPhone 6:12,800 円
iPhone 6 Plus、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5:14,800 円

 

別途消費税がかかります。Apple 正規サービスプロバイダを通してサービスをお受けになる場合は、サービスにより料金が異なることがあります。過失や事故による損傷は Apple 製品 1 年限定保証の対象になりません。

とのことです。

12,800円プラス消費税っで液晶画面破損が修理できるとのこと。

え?

まてよ?それならAppleCare+ for iPhoneで2年間13,824円支払って、さらに修理時に7,800円支払うよりも安い気がしますが。。(汗)

もちろん2度めもAppleCare+ for iPhoneなら7,800円になりますが、AppleCare+ for iPhoneに入っているからといってもあまり変わらない気がしてしまいます。

しかし前述のとおり

AppleCare iPhone エクスプレス交換サービス

があるので万が一の時の手軽さ、簡単さはお金に変えられない価値もあります。いずれをとるかはご自身次第と言えますが、液晶が割れたときの気持ちを考えるとAppleCare iPhoneに入っておいたほうが得だと思いますね。

修理はアップル社の純正だけじゃない

apple-ipad-551502_640

修理方法が他にもあることはご存じですか?

アップル社の修理は純正ですが、非公式の修理をしてくれる業者も存在しています。非公式修理のメリットは

○液晶が割れたら液晶だけを交換してくれる

○中のデータをバックアップをしなくてもよい(バックアップをするようには言われる)

○早ければ数日で完了

○何よりも代金が安い

です。修理代金については安い業者で4980円~となっています。全国展開もしていて急な対応もしてくれるので便利です。

iPhone6は14,800円です。AppleCare iPhone に入っていない場合を考えると12,800円プラス消費税なのでちょい考えものですが。。

万が一の時の保証関係がクリアになればこちらのほうが修理期間が早く済みそうです。ただし純正サービスではないのでそこは考えたほうがいいですね。

こんな記事も読まれています

>>iphone6s,iPhone7の販売日はいつ?予約方法と開始時期を丁寧に

>>iphone6s,iPhone7の発売日はいつ?過去の発表日から予想してみた!

>>iPhoneの電池の減りが早い理由と対策!熱いのは設定のせい?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.