iPhoneの電池の減りが早い理由と対策!熱いのは設定のせい?

heart-471785_640

iPhoneの電池の減りが早いのは理由があります。

ポイントは歯磨き中は水を止めることと同じです。

こんな記事も読まれています

>>充電切れ対策!iPhoneやスマホの電池が無いときの対策法!3選<<

>>iPhoneの電池の減りが早い理由と対策!熱いのは設定のせい?<<

減りが早いのは使っているから!

tap-791172_640

電池の減りが早い理由はカンタンです。知らない間に使いすぎているからです(笑)

歯磨きをしている間、水を出しっぱなしにする方はいませんか?それと同じように電池を垂れ流している設定等がたくさんあります。

ば使いすぎを減らせば適性な減り方になるはず。外出時に電池不足で困ることがないように是非お試しください。

また、古いiPhoneなら既に寿命を迎えている可能性もあります。

新しいiPhoneの場合は下記を試してみてください。それでも改善しない場合はお客様サービスや店舗でご相談することをオススメいたします。

iPhoneの電池が熱いのは一気に使っているから?

fire-663042_640

電池(バッテリー)が熱くなることがあります。

理由は

○電池を一気に使っている(アプリなど)

○バッテリーが自己制御しようとしている

○故障

などがあります。触れないほどの熱さでない限りはしばらくすると元に戻りますので大丈夫です。

触れないほどの熱さの場合は修理やサービスに出したほうがいいですね。

初期のiPhoneではそれが原因で故障したこともあります。ところが近年のiPhoneバッテリーは改善され、通常の使用では許容範囲の熱さで済むようになりました。

アップル社が発表しているiPhoneの利用可能温度は0~35度です。つまりこの範囲を超えなければ正常に稼働するということです。

車内に放置したり、カバーの厚みでiPhone本体に蓄熱されない限りは許容範囲を超えることはありません。

触れないほどの熱さはすぐに修理チェックした方がいいですが、ほとんどはアプリの使いすぎなどが理由です。改善方法をお伝えします。

スポンサードリンク

iPhone電池対策1 再起動する

fire-663042_640

何を差し置いてもこれは一番手軽でカンタンな方法です。

【電源OFF】

再起動することによっていろんなものがリフレッシュされます。そのため余分な電池消耗を防いでくれるというわけです。

○立ち上がっているアプリが落とされる

→アプリは一度使うとフリックして落とす間まで待機状態になります。待機しているということは使ってもらうのを待ち続けている状態です。

その間ずっと電池を消耗しているのでいちいち落とすのがめんどくさい場合は再起動がラクなんですね。

○パケづまり状態を改善する

→アプリをいくつも立ち上げてたり、使い続けていると情報のカスがたまります。通信している時にはパケづまりと呼ばれるもので、通信速度が遅くなります。

会社や家のパソコンで作業をしているとだんだん遅くなった経験はありませんか?

同じことがデスクトップのパソコンの本体でも起こります。

iPhoneは小さなパソコンと同じですから「カス」が貯まると同じことになるんですね。再起動はそれらをリフレッシュしてくれるので非常に手軽で便利です。

もちろんいろんな設定をしないとすぐにまた

iPhone電池対策2 画面の明るさを調整する

light-677062_640

画面の明るさ調整は、ぜひやっていただきたいiPhoneの電池消耗を対策です。

設定方法は初期画面で

【設定】→【画面表示と明るさ】→【明るさの自動調整をオフ】→バーで調整(左にいくほど暗くなる)

で調整できます。

ちなみに、出荷されてからあなたの手元に届いた状態、いわゆるデフォルト状態では画面の明るさ設定は「自動設定」になっているはずです。

自動設定は外の明るさに応じ、センサーで感知して明るさを自動調整します。

太陽光の下ではかなり明るくなります。その時の電池消耗は半端ないものがありますが、さらにそれをセンサーで察知して自動調整するので余計に電池を食ってしまうわけです。

iPhone電池対策3 Wi-FiやBuluetoothをオフにする

office-624749_640

Wi-FiやBluetoothをオフにするのは、かなり効果が高いiPhoneの電池消耗対策です。

なぜなら明るさの自動設定以上にWi-FiやBluetoothはオンにしていると

iPhoneが、ずっと接続しようとするからです。

そのため、使わない時にはオフにするほうが電池消耗対策になります。

設定方法は、

 

【設定】→【Wi-Fi】

【設定】→【Bluetooth】

 

からオンオフ設定ができます。

iPhone電池対策4 位置情報サービスをオフにする

auto-325465_640

位置情報サービスは、地図アプリなどを使うときに便利な設定です。自分がどこにいるか?をほぼ正確に把握することが出来ます。

ただしこれも常に自分の居場所を確認し続けていることになり、電池消耗することになります。

位置情報サービスは、

【設定】→【プライバシー】→【位置情報サービス】

でアプリごと個別で設定できます。

つまりアプリ1つ1つで位置情報サービスを使うかどうかを設定できるということです。もちろん全部をオンにすることも、全部をオフにすることも出来ます。

全部をオフにしてしまうと、地図アプリを使うときなどに困ります。地図アプリを使う時だけオンにする設定を忘れてしまうと不便になるので普段は個別設定をするのがいいでしょう。

iPhone電池対策5 バックグラウンド更新をオフにする

shadow-198682_640

バックグラウンド更新とは何か?知らない方も多いと思います。バックグラウンド更新は使っていないアプリでも自動でバックグラウンド(後ろで)更新をしてくれるスグレモノです。

ある面ではスグレモノなのですが、電池消耗対策としてはかんがえものの設定となります。

なぜなら

○残り電池に関係なく更新がかかる

○勝手にダウンロードされるのでパケット代がかかる

からです。Wi-Fi接続していればいいのですが、4GLTEなどの接続時にはパケット代を消耗します。小さなダウンロードでも重なると大きなパケット量になるのでそちらも気をつけたほうがいいでしょう。

iPhone電池対策6 ロックボタンの時間を短めに

time-415345_640

設定方法は

【設定】→【一般】→【自動ロック】

iPhoneは液晶画面を触れる状態になっている時でも、常に電池消耗しています。

もちろん電源オフにしている時以外は、持ち主からの指示待ち状態です。つまりいつでも動ける待機状態なので、少しずつでも消耗はしています。

しかし、ロックがかかるまでの間の方が電池消耗は激しいです。

これを改善するためには、自動ロックがかかるまでの時間を短く設定することです。自動ロックがかかるまでの最短時間は1分。

○1日に何度もスマホを触る方。

○1分以上ほったらかしにする可能性がある方

なら設定は1分がおすすめです。ロック解除はiPhone6なら指紋認証があります。指紋でサクッとロック解除できます。そちらも設定されたほうがいいですね。

iPhone電池対策7 プッシュ通知はオフにしよう

mobile-phone-579545_640

プッシュ通知は

【設定】→【メール/連絡先/カレンダー】→【データの取得方法でプッシュ通知をオフ】→【フェッチ通知の時間を設定する(フェッチ通知は後述)】

から設定できます。

プッシュ通知はメールやカレンダーに新規のものがないか?を常に探している状態です。冒頭お伝えしているように歯磨きをしている間、ずっと水を出しっぱなしにしている状態です。

これが電池消耗を促進してしまう無駄になります。

常に確認するのではなく、必要なときにメール確認をすれば無駄がなくなりますよね?つまりもう一つの設定である「フェッチ通知」にすれば常に確認することはなくなります。

フェッチ通知は15分、30分、1時間という間隔で確認時間の設定が出来ます。

○仕事で常にメール受信を確認しないといけない

○対応にスピード感を求められる

ような方はフェッチ通知よりもプッシュ通知のほうが向いています。一般的な方はフェッチ通知で十分だと思います。お試しくださいね。

iPhone電池対策 番外編

chaos-391652_640

iPhoneの減りが早いのは、常に何かがiPhone内で動いてしまっているからです。

つまりこの動きを止めてしまえば電池消耗はしません。iPhoneの大きな動作は

○電波を探す

○本体内でアプリなどを動かす

です。このうち本体内でアプリなどを動かすことの対策は今お伝えしてきたもので十分対応ができます。

もう1つの電波を探すについては

モバイルデータ通信をオフにするか、あるいは機内モードをオンにすることで解消します。

機内モードは電波を一切探さないというモードです。

飛行機内では携帯電話の使用が制限されていますので、それを普段も使ってしまおうというわけですね。病院などでもこうした設定は必要になるので設定方法を知っていたほうがいいですね。

また、もしあなたがWi-Fi接続環境にいる場合、モバイルデータ通信をオフにすることで、目の前にあるWi-Fi接続だけを利用するということになります。

Wi-Fi接続は室内の機器を利用します。

外出時には電信柱などの高い場所から電波を拾います。電波は安定して供給される方がいいです。目の前にあるWi-Fi機器からのほうが安定します。

そのため電池消耗は減るので、結果的にiPhoneの電池消耗が抑えられるというわけなのです。

設定方法は

 

【設定】→ 【モバイルデータ通信】→【モバイルデータ通信をオフ】

【設定】→ 【機内モード】→【機内モードをオフに】

 

で設定ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.