iPhoneの電源が切れない!ホームボタンがきかない時の対処方法は?

button-161555_640

ホームボタンがきかない。スリープ電源ボタンがきかない。

こんなときには、アシスティブタッチやその他の方法で解決します。今お使いのiPhoneのホームボタンがきく場合、ホームボタンが聴かない場合でちょっと対処方法が変わります。なんじゃそれ?という方はぜひご活用ください。

こんな記事も読まれています

>>iPhoneが遅い時にやってみて効果的だった3つのこと

>>Wi-Fiって何?お金かかる?iPhoneと関係ある?

>>iPhone6s、6Plus、iPhone7の発売日と発表はいつ?

>>iPhone6s、6Plus、iPhone7の発売日と予約方法は?

iPhoneの電源がきれないときの対処法【ホームボタンが大丈夫な方向け】

house-304599_640

iPhoneの電源がきれないときは本体横のスリープ(電源ボタン)がきかなくなっていることがまず挙げられます。

この時には、

■ホームボタンとスリープ(電源ボタン)を同時に長押しする

と電源がきれます。頑張って押し続けるとリンゴのマークが出てきます。それまで頑張って押し続けてみてください。

数秒で解決するはずです。ホームボタンとスリープボタンの長押しで電源がきれない方。あるいは、ホームボタンがきかない人は下記の方法をお試しください。

スポンサードリンク

iPhoneの電源がきれないときの対処法【ホームボタンがきかない方向け】

screwdriver-708170_640

iPhoneのホームボタンがきかない上に、スリープボタンもゆうことをきかない。

そんな場合にはアシスティブタッチ(Assistve Touch)を使います。アシスティブタッチは

 

【一般】→【アクセシビリティ】→【Assistive Touch(アシスティブタッチ) 】→【デバイス(アシスティブタッチの中の)】→【画面をロックを長押し】

 

で電源オフができきます。

アシスティブタッチは、ホーム画面やそれ以外の画面に黒い四角に白い丸のボタンが表示される機能です。

このアシスティブタッチのボタンで通知センターやコントロールセンター、音声コントロールなどが出来ます。

ホームボタンを使いすぎるとiPhone修理に出して直してもらうか?あるいは我慢して使い続けるか?ということになった方も多いのではないでしょうか?

1日になんどもホームボタンは使いますので、アシスティブタッチを併用することでホームボタンの寿命をのばすことができます。

以前iPhone4でホームボタンがきかなくなってきた経験を持つ管理人。

ボタンがきかなくなってきた段階で、iPhone4でアシスティブタッチを多用することで、iPhone6Plus発売までなんとか使い続けることが出来ました。

それでもダメな場合は素直に・・・

上記の方法でもダメな場合。

諦めて素直に修理に出してください(笑)iPhoneを取り扱っているキャリアの販売店やApple Storeで修理が可能です。

修理業者さんもいらっしゃいますが、純正にこだわる方はApple Storeがいいですね。

こんな記事も読まれています

>>iPhoneが遅い時にやってみて効果的だった3つのこと

>>Wi-Fiって何?お金かかる?iPhoneと関係ある?

>>iPhone6s、6Plus、iPhone7の発売日と発表はいつ?

>>iPhone6s、6Plus、iPhone7の発売日と予約方法は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.