iPhoneのバックアップをする前に!不要なデータ削除で容量を増やす方法

can-696583_640

思い出の写真やゲームアプリ、音楽データ。

ダウンロードしまくったら、いつのまにかiPhoneの容量がいっぱいになってしまった!

そんなご経験はありませんか?バックアップもした方がいいですが不要なデータを消しておかないとまた同じことになります。

ここでは不要なデータやアプリを削除する方法をご説明いたします。

まずはiPhoneのデータを確認してみる

can-696583_640

まず最初にiPhoneの中にデータがどれだけ入っているかを確認してみましょう。

確認方法は

【設定】→【一般】→【使用状況】→【ストレージを管理】

で確認出来ます。アプリが並んでいますが、上から順番にデータ容量が多い順になっています。

下の方に行けば行くほど使用容量は少ないということですね。下記はその方法です。ご確認ください。

【設定】→

ホーム画面から設定をタップしてください。

kakunin1

【一般】→

次に一般を選択してください。

kakunin2

【使用状況】→

使用状況をタップして進みます。

kakunin3

【ストレージを管理】

ここでストレージを管理を選択します。

「使用済み」は自分のiPhoneでどの程度の容量を使用しているか?が分かります。

「使用可能」はあとどのくらい使用できるか?がわかります。

kakunin4

【中のアプリを確認し削除】

ここで使っていないアプリをタップして先に進み、不要なものは削除します。

kakunin7

写真を削除する場合にはここではなく、写真アプリを立ち上げて、アプリの中で個別に写真を選択削除するようにします。

スポンサードリンク

削除はこまめに!注意するべきは写真と音楽、動画データ

ipad-632512_640

メールや電話帳のデータはほとんどが文字情報です。

そのため量があってもiPhoneの本体の容量を圧迫するようなデータ量にはなりづらいです。

一方、写真や動画、音楽データは非常に大きくなりやすい特徴があります。そのため本体の容量を抑えようと考えるなら

 

○写真

○動画

○音楽

○ゲームアプリ

 

などのデータは特に注意する必要があります。逆に言えば、この4つを抑えておけばiPhoneの本体容量が16Gしかなくてもなんとかやりくりすることが出来ます。

できれば、あまり見ない動画や写真は削除してしまいましょう。

どうしても削除したくない!消したくない外せないデータがあるのならば、iCloudやiTunes、外部ストレージにバックアップする方法があります。

そちらに回避しておくことで、iPhoneをなくした時や、水没などリスク対策にもなります。

それ以外にもiPhoneが重くなっている原因は、使っていない余分なアプリだったりします。(バックグラウンドで動いている場合など)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.