スマホ向けブルーライトメガネを徹底比較!選ぶポイントはそこだ!

スマホ向けで、しかもブルーライトに効果のあるメガネは?

PCのブルーライトメガネはたくさんありますが、スマホ向けのブルーライトメガネを考えるなら大事なポイントがあります。

その考えるべきポイントとは?

こんな記事も読まれています

>>iPhoneが遅い時にやってみて効果的だった3つのこと

>>Wi-Fiって何?お金かかる?iPhoneと関係ある?

>>iPhone6s、6Plus、iPhone7の発売日と発表はいつ?

>>iPhone6s、6Plus、iPhone7の発売日と予約方法は?

スマホ向けのブルーライトメガネは シチュエーションを考えること

new-york-city-78181_640

PC用のブルーライトメガネはブルーライトカットのために、カラーが入っています。

そのため、おもいっきり「あ~PC用のブルーライトメガネしてるなぁ~」というのがわかりますよね。

PCを使っている時は、お仕事でずっとPCとにらめっこしていることがほとんどです。それならばPC用のブルーライトメガネでも十分です。

ところが。

スマホを使っている時にブルーライトを気にする場合は、どんなシチュエーションか?を考えると、

例えば・・

■電車移動中に音楽アプリを操作

■仕事の合間のメールチェック

■昼休みにネットサーフィン

■友人と夕食の後にゲームアプリ

などですよね。

そのほとんどが人前と同じということ。つまり、PC用のブルーライトメガネをしていることがわからないような、レンズにカラーが入っていないタイプのほうがオススメです。

人前ならば、レンズにカラーが入っていないタイプ以外に、もっとオシャレな縁やデザインのブルーライトメガネにした方がいいですね。つまり

■なるべくPC用のブルーライトメガネというのがわからないオシャレなデザインがいい

ということになります。もちろん夜寝る前にスマホをいじらないと気がすまない方も多いでしょう。

その場合は暗闇で目に入ってくる光はスマホのみ。ブルーライト以前に目に良いわけがありませんね(笑)

そういう場合のみのご利用をするならば、オシャレ感は全て捨てたブルーライトカット率の高いものを選択するべきです。非常に安価で使いやすいものもあります。

最近、ブルーライトメガネはダサいと感じる人も多いです。そのため最近ではブルーライトメガネとわからないようなおしゃれなデザインも出てきています。

ですから管理人は、スマホ向けのブルーライトメガネは、オシャレ感が感じられるものを選択することをオススメいたします。

スポンサードリンク

結論。スマホ向けならオシャレなクリアーレンズタイプを選択する

41usELGI9RL【引用 アマゾン 】

ブルーライトカット率とレンズカラー。実は相反するため同居が難しいです。

どういうことかと申しますと、レンズにカラーが入っている方がブルーライトカット率は高くなるからです。

反対にレンズにカラーが入っていない方が、ブルーライトカット率は低下します。

しかし、レンズにカラーが入っていないほうが明らかにブルーライトメガネとわかりませんし、おしゃれ感はあります。

最近では、JINSなど有名メーカーでも、PC専用メガネでクリアーレンズタイプ。さらに度ありのタイプまで販売されています。

 

どこまでオシャレと実用性のバランスをとるか?はその方次第ですが、スマホを使っている時にはクリアーレンズタイプのブルーライトメガネがいいですね。

これはどのメーカーもクリアーレンズタイプは販売しているので、選択肢の幅は広がります。

ちなみに、ほとんどのメーカーは最高でも50%程度のブルーライトカット率なのですが、唯一65%のカット率というメーカーが有ります。

それがPC用品メーカーの「ELECOM」です。

612Q9IWR13L._SL1500_【引用 アマゾン 】

こちらは65%のブルーライトカット率ということで、レンズカラーがかなり強めに入ってきます。

リムレスタイプと言ってフレームが無いタイプやカラーバリエーションもあります。レンズカラーが入っていてもいいので、とにかくブルーライトカット率を!という方にはオススメです。

こんな記事も読まれています

>>iPhoneが遅い時にやってみて効果的だった3つのこと

>>Wi-Fiって何?お金かかる?iPhoneと関係ある?

>>iPhone6s、6Plus、iPhone7の発売日と発表はいつ?

>>iPhone6s、6Plus、iPhone7の発売日と予約方法は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.