iPhoneのバッテリーを節約する設定方法!【アプリ編】

sandwich-434658_640

一番iPhoneのバッテリーを食うアプリ。

どれか一目で確認する方法があります。

iPhoneの電池消耗をアプリの面から防いで節約する方法をお伝えします。


iPhoneのバッテリー節約方法 アプリ編

sandwich-434658_640

iPhoneが充電中ではない場合に、どのアプリがどの程度バッテリーを使用しているか?

一番食いしん坊なアプリをを確認する方法です。

【設定】→【一般】→【使用状況】→【バッテリーの使用状況】

で確認ができます。不要なアプリやバッテリー消耗がはげしいアプリは設定を見直す必要があります。

その他にバッテリーを節約する方法もいくつかあります。下記からご確認ください。

>>iPhoneのバッテリーを浪費するアプリの特徴はこれだ!

>>iPhoneのバッテリーの減りが早い理由と対策!熱いのは設定のせい?

 

【設定】→

center1

【一般】→

batteri1

【使用状況】→

batteri2

【バッテリーの使用状況】

batteri3

【アプリ一覧】が出てきます。

右に電池使用料の割合がパーセンテージで表示されます。

batteri4

1日あるいは7日での比較も出来ます。

batteri5

管理人の場合はAppleMusicをラジオ代わりに使っていました。
そのため、一番のバッテリー食いしん坊アプリはAppleMusicということになります。

 

バッテリー電池の消耗が激しいアプリに共通するのは

バッテリー電池の消耗が激しいアプリに共通するのは、(1)バックグラウンドでの動き、そして(2)オフにしていたハズのアプリが実は動いている、(3)そもそも消耗が激しいパターンです。

冷蔵庫のように常時冷却している状態では電気を消費しつづけます。外部気温が上がれば一定に温度を保つために頑張りますのでその分電気の消費はアップします。

同じく、iPhoneでも何か見えないところで動こうとしている時、あるいはアプリが活動し続ける時にはバッテリー電池は消耗します。

Wi-Fi接続やBuluetoothを自動接続にしているとこれに該当します。それ以外にもありますが、コントロールセンターを活用することで解決します。

こうしたアプリやオフにしていたはずなのに、実は動いているアプリをいかに見つけて設定をオフにするか?最低限の動きに出来るか?で一日のバッテリーの持ちが変わってきます。

充電のモバイルバッテリーを持ち歩くことでも解決しますが、無駄な気を回す必要もなくなるケースも有ります。ぜひ設定の見直しをされることをおすすめ致します。

バッテリーの節約については下記からご確認ください。

>>iPhoneのバッテリーを浪費するアプリの特徴はこれだ!

>>iPhoneのバッテリーの減りが早い理由と対策!熱いのは設定のせい?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.