AppleMusicの値段はいくらになる?LINE MUSICとの違いについて

equalizer-153212_640

AppleMusicの値段とLINEMusicとの違いについて調べてみました。

AppleMusicのサービス開始は2015年6月30日ですが日本時間では7月1日0時開始予定。デバイス(利用する機器)へのiOS8.4のダウンロードが必須となります。

こんな記事も読まれています

>>AppleMusicはオフラインで保存が可能?パケット通信量を気にせず使う設定と方法

AppleMusicの値段はいくらになる

musician-664432_640

 

AppleMusicは月額9.99ドルでの利用が可能です。ファミリープランの場合は14.99ドルとのこと。

日本円ではドル換算で、1000円程度と予想されます。

 

ただし、これはアメリカでのサービス提供の金額であり日本でのサービス料金ではない可能性が高いです。なぜなら世界展開するときには、サービスする地域によって提供料金が変わる可能性があるからです。

国や地域によっては、米ドルで数ドルという価格での提供もあるとのこと。

とはいえ1000円ちょっと(?)で最初の3ヶ月は無料期間です。その上、音楽聴き放題サービスが利用できるのは非常にうれしい限りではありませんか!

有名アーティストのCDアルバム購入は2,500円以上が現状の相場です。高いと4,000円くらいはします。

1曲150円、200円は当たり前となったこのご時世に定額制で音楽が聴き放題というのは時代にマッチしていると感じます。

スポンサードリンク

音楽売上が落ち込んでいるので定額制サービスが主流になる?

ipad-605439_640

iPhoneが発売されるかなり前。

PCが一般に普及し、CDが手軽にコピーできるようになってから音楽業界は大打撃を受けました。ダウンロードした楽曲もフォーマットを変更することで自分のパソコンにもモバイルにも入れることが出来るようになり音楽そのものの価値が下がってしまったのです。

音楽ダウンロードでの販売はしばらくは良かったのですが、年々売上は下がっていく一方です。現在もその傾向は継続しており音楽業界の危機感は募る一方でした。

そこへ来てSpotifyを始めとする定額制の音楽ストリーミング配信サービスが開始。

音楽の世界最大手となりました。いくらiPhoneが強力な販売ツールであるアップル社でも、ituneのビジネスモデルが脅かされているという事実はこの先の脅威だと言えます。

そこへ来てLINE MUSICが開始されたというわけです。

AppleMusicとLINE MUSICとの違い

abstract-140898_640

LINEMUSICはご存知アプリのLINEの派生として2015年6月に誕生。同じく6月30日にAppleMusicはサービス開始。

【価格】

■Apple Music 9.99ドル
(最初の3ヶ月は無料期間あり。日本でのサービス料金は不明)

■LINE Music 月額で通常1,080円、学割600円
20時間/月の利用まで一般500円 学割300円d87936e3-s引用 http://music-mag.line.me/ja/archives/30322075.html

 

6月30日現在まだサービス提供時期、金額などは公表されていませんが、おそらく他社の状況を見つつ1000円程度の金額になると予想されます。

LINEMusicの1,080円というのもひとつの目安となるでしょう。

年間利用するとだいたい12,000円程度になる計算ですが、音楽アルバムを毎月購入することを考えれば安いと感じる方も多いですね。ただあくまでサービスの継続利用があって、初めて楽曲が自分の選曲やお気に入りグループ設定が出来るわけです。

サービスをやめてしまうと再度契約するまで楽曲を聴くことが出来ません。

AppleMusicは契約してから3ヶ月は無料期間となっています。このあたりは他のサービスに比べてアドバンテージがあると言えますが、アンドロイド系はサービス提供が10月からとなっておりますので、それがどう影響するかが勝負どころです。

 

【曲数】

■Apple Music 3000万曲(予定)

■LINE Music   150万曲(500万曲以上に増加予定)

 

LINE Musicは既にサービス開始されていますが、日本人アーティストを特に希望される方にとっては少し物足りない状況である口コミが多い印象があります。

また曲数は150万曲(年末までに数百万曲増加予定)とはいえ邦楽のオルゴールバージョンもかなり出回っているとの口コミがありました。

ご希望されるアーティストの楽曲が必ずしも入っているとは限らないですが、サービス利用してみないと満足できるかどうかはわかりません。

また、そうした不満を改善するべく楽曲数はかならず増えていくはずなので時期を見てサービスの利用を始めるというのもひとつの手段だと考えます。

また、AppleMusicは3000万曲という膨大な曲数がひとつのウリとなっています。

ところが、AppleMusicもLINEMusicと同じく、邦楽を希望される方が必ずしも聞きたい楽曲が聴けるとは限りません。欧米系の楽曲がかなりおおいので3000万曲という話もあります。洋楽ファンならうれしいでしょうが、邦楽ファンならちょっと考える方も多いと思います。

AppleMusicは日本語のHPを既に開設していますので、早い段階でのサービス提供があるはずです。

ところが、楽曲の著作権等の問題もあって、どちらかと言えば欧米向け、英語圏向けに当初はサービスが開始されそうな印象もあり、日本のユーザーが満足できるかどうかについては、LINEMusicとおなじく開始してみないとわからない、というのが正直なところでです。

 

【それぞれの特徴】

いずれもオフラインでの利用が可能です。

 

ラインミュージックはLINEの機能をフル活用したシェアが可能です。

例えばそれは友達に楽曲をプレゼントしたり、一緒にシェアしたりということです。そのため、「いっしょに音楽を楽しむ」という意味合いが強いですね。またLINEは学生さんなど未成年者の利用もかなり多いため、学割という方法を取りました。

一方で、AppleMusicはその点ファミリープランというものを打ち出していて、14.99ドルで5名までの利用が可能となっています。

AppleMusicは、音楽配信以外に、24時間ラジオとConnectというアーティストが特別に見せる舞台裏写真や情報などが手に入るサービスもあったりと、AppleMusicならではの圧倒的な優越感、レア感、洗練されたエンターテイメント性が満載のサービスと言えます。

もちろん老舗のSpotifyなどの音楽サービスがこのまま黙ってみているとは思えません。

このあたりの各社の戦略がどうでるか?ユーザーにメリットがある顧客目線でのサービス提供が、今後の音楽定額制サービスの浮沈を握ってくるでしょう。

こんな記事も読まれています

>>AppleMusicはオフラインで保存が可能?パケット通信量を気にせず使う設定と方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.