AppleMusicの評価と口コミが気になる!オフラインのダウロード保存で最高!

singer-84874_640

AppleMusicはサービス開始から有料になるまでの無料期間は3ヶ月。

ダウロードによるオフライン再生でかなり楽しめているようです。Wi-Fiがあれば活用しない理由はゼロです。AppleMusicの評価と口コミが気になるので調べてみました。

こんな記事も読まれています

→applemusicをオフラインでダウロード保存して聴く方法

→iPhone6s、iPhone7の発売日とその発表はいつ?

→iPhone6s、iPhone7の発売日はいつ?予約方法と開始時期を丁寧に

→iPhoneが遅い時にやってみて効果的だったこと

 
mouse-583579_640

AppleMusicの口コミと評価 無料期間が終わったら

無料期間が終わっても利用するか? もちろん使わないという選択をする方もいらっしゃるでしょうねぇ。

かなりの音楽好きはいわゆる垂れ流しでの再生もしますし、自分だけのリストを作成して再生するのは間違いないです。

AppleMusicはサービス開始から3ヶ月は無料。

その後は980円(個人)、1480円(ファミリーで6名まで)という契約形態になっています。

6月30日にサービス開始となりましたから、2015年10月1日には契約更新となり課金されるようになります。

3ヶ月も経過すると自動更新されるように設定されていますから意図しない課金が発生することになりますのでご注意いただければと思います。

→ AppleMusicで自動更新設定をオフにしておく方法

 

headphones-592196_640

月額1000円はヘビーユーザーにとっては安い金額ですが、ライトなユーザーには高いく感じると思います。

なぜなら課金して継続しても楽曲は再生する権利が与えられるだけで、CDのように自分のものになるわけではありません。

毎月数千円をCD代で支払っているならば、AppleMusicはすごく安いサービスです。

しかし毎月それほどお金をかけることがないならば、好きな曲だけをCDで購入してスマホに入れるという方がジャケ買いの楽しみも増えますし、満足度は高いです。

→ AppleMusicを解約した後にオフライン再生はどうなる?プレイリストも聴けるのか?

こちらでも書いていますが、解約したら聴くことは出来ません。あくまでAppleMusicのサービス継続することで試聴する権利を得ているだけなので、楽曲や自分のものになるわけでは無いというわけです。

AppleMusicの口コミと評価 無料期間で好きなアーティストを見つける

 

 

なるほど~(笑)これはいい考えですね!

正直なところ、AppleMusicは邦楽の数がまだまだ満足行くものではありません。

邦楽ファンをうならせるようなアーティストや曲数にはまだ時間がかかります。一方で洋楽ファン、ジャズ、クラシックなど邦楽以外のファンにとっては3000万曲というAppleMusicのストックは立ち読みし放題の書店にやってきたようなものです。

ほんとうに気に入った書籍はその場で購入することになるはずです。

singer-84874_640

また、自分が選んだわけではない曲で、ラジオステーションなど自動化された選曲や配信システムによって今までとは違う音楽の世界を感じることが出来ます。

それも3ヶ月は聴き放題というメリットがあります。この機会に聞きたかった海外のアーティストを発掘するというのも自分の世界を広げることが出来ていいですね。

この方もおっしゃっていますが、音楽ってやっぱり大切という人は多いですし、これはいいチャンスだと思います。

スポンサードリンク

 

AppleMusicの口コミと評価 洋楽リスナーにはすばらしいラインナップ

残念ながら、やはり邦楽はちょい曲数が薄いですね。。

ちょい忘れましたが、邦楽に関するジャンルが1つひっそりと消えたとか消えないとか言う噂も、というか事実があります。

ジャンルにしておくには曲数が少なすぎたのでしょうけれど、配信前に気が付かなかったのか?ちょっと疑問です。

この方がおっしゃっているように洋楽ファンにとっては、まさに入れ食い状態です。 まさに聴き放題、ダウロードし放題という様相を呈しております。

Wi-Fiが環境と本体の容量さえとのっていれば、ダウロードはし放題です。 オフラインダウロードで保存が容量の上限まで来たら削除し、新規のプレイリストごとのダウロードをすることで毎日違うプレイリスト再生が可能です。

sing-201027_640

繰り返しますが、もちろんこれにはWi-Fi環境が必須ですが、日々違うプレイリストを交換しながらお気に入りの音楽を楽しむことが出来ますから、とても楽しい音楽生活になりますね。

→ iPhoneの容量を増やす方法はこれ!

圧倒的なシェアをほこるiPhoneのユーザーがこのAppleMusicというサービスを継続するかどうかの答えをだすのは、スタートから3ヶ月が経過した2015年10月1日。

同じ音楽配信サービスのAWAやラインミュージック、Spotifyなどとの比較と競争が激化する中で、邦楽ファンも取り込めるかどうか?が日本で各サービスが生き残る道となってきそうです。

AppleMusicの口コミと評価 あえてAppleMusicには流通させない戦略?

 

 

なるほど!非常に興味深い考え方ですね。

たしかにAppleMusicのサービス開始前には無料期間はアーティストには報酬を支払わない→支払うというテンヤワンヤがありました。

大好きなアーティストが潤うならばいいのですが、この音楽定額制配信サービスが主流となったらアーティストが潤わなくなった・・なんてのはファンとしては避けたいところですよね。

guitarist-407212_640

もちろん契約や守秘義務があるのでこうした情報は漏れ聞こえてくることはなさそうですが、その一方で音楽CDやダウロード数は年々下降トレンドにあることは周知の事実です。

売れないということは、アーティストが潤わないのでどんどん音楽業界が縮小していくことにもつながります。

だからといって大好きなアーティストが安売りされ、彼らが潤わないという事態も避けたい。ファンとしては本当に悩みどころだと思います。

AppleMusicの口コミと評価 買わない聴かない音楽に触れられる

おそらくほとんどの方がこうしたご意見ではないかとおもいます。

お金を出して買わないアーティストを敢えて聴いてみる→いい曲が見つかる→ファンになるといった流れも出来てきそうです。

問題は課金が始まったときにどうするか?です。継続の課金はクレジットカードとなります。中高生はカードでの支払いは難しいでしょうからラインミュージックへと根を張る可能性もあります。

acoustic-guitar-407214_640

シェアも出来ますし、LINEの機能を熟知した世代がその機能を音楽の世界に活用して仲間で音楽で盛り上がるという想像は簡単に出来ます。

手軽でみんなで盛り上がる。

音楽の根底にあるのは読んで字の如し。音を楽しむことであります。

AppleMusicのアプリの使いやすさ、そして邦楽ファンも、もっともっと楽しめる環境作りをアップル社には強くお願いしたいところです。

 

こんな記事も読まれています

→applemusicをオフラインでダウロード保存して聴く方法

→iPhone6s、iPhone7の発売日とその発表はいつ?

→iPhone6s、iPhone7の発売日はいつ?予約方法と開始時期を丁寧に

→iPhoneが遅い時にやってみて効果的だったこと

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.