【AppleMusicの使い方】評判や口コミはどうなのか?邦楽はどうなの?

ui-771829_640

定額制音楽配信サービスにAppleMusicが参入開始。

日本では圧倒的なシェアを誇るアップル社のiPhoneユーザー。
そのiPhoneユーザーは果たしてAppleMusicをどう感じているのか?邦楽は実際どうなのか?AppleMusicの評判や口コミをリアルタイムツイートなどから検証してみました。

こんな記事も読まれています

 

AppleMusicの評価と口コミを検証してみる その1

まずはこちらから

 

おぉ!(笑) ものすごい褒めちぎってらっしゃいますね。

たしかに視聴というよりも全編が聞けますし、昔聴いてそのままになっていた曲とか掘り起こしてこれます。

CD屋さんもそもそも苦労しているご時世ですが、ますますネット配信が加速しそうな予感がします。

iPhoneはアンドロイド版も含めると日本国内ではかなりのシェアですので、LINEアプリの時のようにじわっと浸透してきたらこうした定額の音楽配信サービスが主流となっていく可能性は高いですね。  

 

AppleMusicの評価と口コミを検証してみる その2

 

 

 

たしかにサービスは素晴らしいのですが、AppleMusicの動線は1つ1つが切れている印象を受けますね。

このあたりのスマホの作りこみは日本企業のガラケーで慣れている日本人にとっては、ちょっと荒い印象を受ける方も多いようです。

24時間ラジオ放送があったり、ステーションでオリジナルのラジオステーションが出来たり、大好きなアーティストと繋がれたりとすばらしいサービスなので満足度は高いです。

ただAppleMusicというサービスをすべてしゃぶり尽くすのには、

○誰もが簡単に理解できる仕組み

が必要だと感じます。あとは曲名検索についてですが、おそらくこうした不満は日々アップル社のサイトにユーザーからの希望という形で送信されているはずです。

実際、サービス開始当初は例のごとくです(笑)徐々に改善される流れができているのは間違いないと思いますので、サービス改善を待つといたしましょう。

スポンサードリンク

AppleMusicの評価と口コミを検証してみる その3

結構このご意見は多いと思います。

いわゆるオトナの事情ってやつですね(笑)どうしても日本のアーティストはこうしたサービス開始時には様子見が多いです。

ビッグなアーティストになればなるほどその傾向は強くなります。なぜならわざわざ定額制で安売りする必要がないからです(泣) 結局日本でもCDが以前よりも売れません。

だからこそこうした定額制サービスが台頭してきているわけですね。 しかし、厳しいとは言いつつもそれだけビッグアーティストはそれなりに売れている証拠でもあります。

あとアップル社からいくらアーティストに支払われているか?は契約もあるので本当のところは不明ですが、。 それでも聴きたいのがファンの心情ですが、しばらくはやっぱり邦楽のアーティストは様子見になりそうな気がします。

AppleMusicの評価と口コミを検証してみる その4

 

たしかに仰るとおりですね。

邦楽アーティストは管理人も調査してみましたが、あまりめぼしいところが抜けており、正直けっこう寂しいです。

ところが。

これが洋楽全般となると話は別です。毎月のように洋楽ファンでTSUTAYAなどへあししげく通っている方はこんなに素晴らしいサービスはありません。

かなりのヘビーユーザーで新譜も気になる方など、泣いて喜ぶサービスかと思います。

月額の課金はありますが、iPhoneなどアップル社のデバイスを持ち続ける限り(PC内のiTunesもありますが)膨大な楽曲を自分なりにまとめてアレンジして聴くことが出来るサービスから離れるのは出来そうもありませんね。

 

AppleMusicの評価と口コミを検証してみる その5

 

わかります(泣) こういうところって本当に海外のサービスってバッサリ行く傾向がある気がします。

まだ日本のほうがこういうことすると文句出るので、先回りしてなんとかしてあるケースが多いですよね。

バージョンアップしてしまったので元に戻してくれることはなさそうですが、ちょっとしたところが残念なこと多いです。こういうところがなければ本当にiPhoneとかアップル社の商品ていいんですが。。というのは管理人だけでしょうか。

 

AppleMusicの評価と口コミを検証してみる その6

 

あぁぁ。。すげーわかります(笑)

ビットレートが256kbpsというビットレートで配信されてますが、これは音楽配信の中でもかなりいいほうです。

実際の音質は聴き手の方のリスニング状況に左右されますが、良い音で聞く土台としての配信状況は確保されていますね。

昔はMP3って平面な感じがする音でなんかモノラル感が満載だったんですが、いつからか違和感を感じなくなりました。

BOSE社のスマホとかMP3プレーヤーでも使えるミニサイズのスピーカーあったら最高ですね。この方はどんなスピーカー買われたのかが気になります(笑)

 

AppleMusicの評価と口コミを検証してみる その7

 

 

このご意見もかなり多いですね。。

邦楽ファンは多いのでAppleMusicで成功するためには、iTunes Storeで販売されている楽曲も取り込まないといけません。

でもその一方で定額制音楽配信を全面開放すると、iTunes Storeの意味がなくなるという矛盾が起こります(泣)これだとAppleMusicに毎月お金を支払う意味が無いですね。

とはいえ単体での販売は昨今では厳しくなっているのも事実。違法コピーなどが横行しているせいもありますが、音楽そのものの価値が下がってしまっているのが原因とも取れます。

音楽にお金をかけるという行為そのものの価値。それ自体が低くなっている気がしてなりません。

ネット技術の功罪はこのあたりにも出てきていると思います。

 

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.