2015年新型iphone6sの予約日と発売日が確定!9月12日,25日に!

2015-08-23 18.34.52

2015年に発売されるiphone6sの発売日が確定しました。

予約開始は9月12日発売日は25日です。目玉機能はフォースタッチ(感圧Touch)「3Dタッチディスプレイ」ですね。

目玉はやっぱり感圧Touch(フォースタッチ)?

adult-18377_640

フォースタッチが「3Dタッチディスプレイ」という名前になるとの情報が出てきたのは、2015年8月後半から9月初旬でした。
2015年の新型iphoneの目玉機能は、ずばりフォースタッチ(感圧タッチ)です。

この機能はなんと3段階の圧力を感知できる精度となります。

今までの感圧タッチはタップするか?押すか?この2択でしたが、3Dタッチディスプレイは3段階の圧力感知ができるとのこと。

これは普段の操作性をあげるだけでなく、アプリの使い勝手、アプリの機能面の向上も見込まれます。タッチする程度だったアプリの操作が軽く押したり、強く押すことで選択できる操作が広がるということになります。

3Dタッチディスプレイは、iphone6sの中でも、かなり期待できる機能ですね。

カメラはいくら画素数を上げてもキレイに上手に撮影できるわけではありません。現に、Proがiphone5sやiphone6シリーズで撮影した画像は、まるで一眼レフを使って撮影したかのようなクオリティです。

つまり画素数は一定以上になると、もはや自己満足といってもいいくらいです。

【追記】手ブレを抑えた1200万画素、4kカメラが搭載されました。

参考サイト http://www.apple.com/jp/iphone-6s/cameras/photos/

4カメラというのは通常のHD(1,920×1080)の4倍の解像度(3,840×2,160)があります。解像度というのは簡単にいえば点の集合です。それだけ高精細に撮影が出来るという事になりますね。

しかし、心臓部などのコア機能の向上はもはや当然となっています。そのため、やはり注目されるべき機能はフォースタッチということです。

スポンサードリンク

iphone6cはやっぱりおあずけ

4インチのiphone6cの発売は当サイト予想通りお預けとなりました。

理由はカンタンでiphone6s、iphone6sPlusとのユーザーの食い合いになってしまうためといえます。iphoneを購入するユーザーが持つのは普通1台のiphoneです。iphone6cを発売して売れない在庫を増やすよりも、今回のiphone6s、iphone6sPlusを購入しな買ったユーザーが他社製品が古くなり、乗り換えを狙ったものと考えるのが妥当でしょう。

日本では2年縛りがありますが、他国ではそういったものはありません。やはり本体が古くなったユーザーに対しての買い替え需要を狙っていると考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.