iPhone6s,6sPlus,iPhone7(仮)の容量は3種類?16,32,64,128Gのベストな選択は?

2015-08-23 18.35.29

この記事では

●iPhone6s容量は16、32、64、128Gのどれを選択するのがベストか分かる

●iPhone6sでは16Gの容量がなくなる可能性がある

●iPhone6sでは64Gを選択するのがベストというのが分かる

●iPhone6sではiCloudも活用することが求められる

iPhone6シリーズの容量は16,64,128GBの3種類です。
一方、2015年9月発売の新型iPhone6s,6sPlus,iPhone7の容量は16Gがなくなり、32G,64G、128Gのラインナップになると言われています。

ios9のアップデートも近づいており、新型iPhoneの容量選択は必須となりそうです。いろいろな角度から、「どの容量がベストな選択になりそうか?」まとめてみました。

16Gはもはや時代遅れ?

2015-08-23 18.34.52

iPhoneにかぎらずスマホはもはや大容量時代に突入し、クラウド利用が当たり前となってきました。

●大容量
→スマホ本体の容量の大型化

●クラウド利用
→本体外部のネット上にバックアップ

 

クラウドがなければ、本体の容量大型化は際限がなくなります。

そのため古いiPhone利用者やiPhone6でも16Gを使っている場合。クラウドを活用したり、アイチューンズの利用で、本体のバックアップをとりながら、なんとか本体内部の容量をやりくりしているのが現状だと思います。

実際、ある程度のiPhone本体内の整理は必要です。
YouTubeや写真、楽曲などをある程度本体に保存することができないとスマホを楽しむことは難しいです。

それらを考慮すると16Gというのは、スマホとしては明らかに時代遅れです。

2015年9月18日にはiPhone6sが発売される予定です。16Gが最小容量だったiPhone6、iPhone6Plus。おそらく32Gが最低容量となることが予想されます。

32Gが復活すると喜ぶ人が増える? あとは価格

2015-08-23 18.38.02

32Gはスマホとして最低限の容量になりつつあります。

写真や動画、楽曲をいれたら32Gではすぐにいっぱいになりますね。もちろん32Gすべてを自分のデータだけで埋めるのは不可能です。

なぜならiPhoneにはiosというものがあるからです。

iOSはiPhoneの基本ソフトであり最低限の容量を確保しないといけないデータです。これがないとスマホが動きませんし、iPhoneとしてスマホ活用ができません。

以前のios8のアップデート時はiOSの大きさが4.5Gでした(汗)
かなり大きなバージョンアップが急に行われたことがあり、そのせいで集団訴訟になったこともあります。

無用な争いを避けるためにも、最低容量を32Gにする。
そうしてユーザーの利便性も向上が出来る。そうなればiPhone6sの最低容量として32Gが発売されることが予想されます。

スポンサードリンク

64Gはミドルクラス扱い。そしてかなり快適スマホライフが待っている

16Gでいままで苦しんでいた方は32Gよりもこちらを選択するのがいいでしょう。

誰もがスマホに入れるのは画像だけではなく動画や音楽も大事だと思います。64Gならば32Gの2倍。16Gの4倍という容量になりますからかなりオススメです。

 

特に外出先で使えるFREEやポケットWi-Fiが使いやすくなっています。ですから動画を外出先でダウンロードしてから見る。そんな人もかなり増えている実感があります。

しかし、64Gといえども動画を大量にスマホに入れてもちあるくのはまだまだ厳しいです。

一方で、すごく容量を気にしていた16Gに比べれば、かなり楽になってくることはを実感できます。64Gは、動画のヘビーユーザー以外なら十分満足できる容量だと言えます。

128Gなら安心だが・・整理が大事

iphone-6-458151_640

iPhone6sの容量が128Gならば。
ある程度画像をふんだんに撮影しても、すぐにはいっぱいになりません。(画像のデータ量による)

iCloudは無料で5G、月額100円で20Gの容量アップができます。さらにアプリもあるドロップボックスやシュガーシンクは、無料で2G程度のクラウドが利用可能です。

そう考えると、本当に大事な画像やデータはかならずバックアップを取っておくこと。そして必要に応じてiTunesで本体中身のデータを入れ替えていきます。

それならばiPhoneの本体がデータがいっぱいになることは少ないです。ぜひ128G+バックアップで、安心してiPhoneを使い倒していただきたいと思います。

昔と比べて小さくなってきたiOS。iOS9は2G以下に!

cloud-823723_640

iPhone6sの発売に合わせてアップデートが予想されるiOS9。

iOS9は過去のiosと違ってサイズが小さくなり1.3G程度で済むとのこと。iOS8へのアップデートでは、4.5G程度だったことを考えれば、Apple社がかなり頑張ってくれた結果と言えます。

ios9の登場によりサイズが最小化されたiPhoneならば、もしかして16Gの発売もあるかもしれません。しかし、それはあくまで限定的な話。

やはり容量の大型化の流れは、止められないものと考えられます。価格と容量のバランスはやはりミドルクラスが予想される64Gがオトクでしょう。次に32G→128Gとなりそうです。

ご自身の使用している容量を確認して新型iPhone6sの購入を楽しんでみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.