iPhone6s miniはいつ?iPhone6s、6sPlusと同時発売されるのか?

2015-08-23 18.35.29

iPhone6s miniはiPhone6sと同時期に発売されるのか?という疑問があります。

徹底検証していきたいと思います。

そもそもなんでiPhone6s miniの発売が期待されているのか?

man-791440_640

iPhone6、iPhone6Plusは爆発的な販売台数を世界で繰り広げました。

それまでのiPhoneは液晶画面がアンドロイド系スマホよりも数インチ小さく、画面の大型化はiPhoneユーザーの相違であるかのようでした。

2014年9月。
iPhone6とiPhone6Plusが発売され爆発的な阪大台数となりました。

実際、2015年の3月までの販売台数はまったく衰えておらず4半期ごとの決算報告においてもアップル社の業績好調は伝えれれています。

ところが。
iPhone6、iPhone6sを購入したユーザーの中で一定数は

●大きすぎる

●手が痛い

●指が届かない

 

などの不都合からiPhone5sに敢えて乗り換えるというユーザーが現れました。

デザインを含めた、高付加価値の商品がウリのアップル社製品において、一定数のアンチ大型iPhoneファン(小型があっているユーザー)がいることは間違いありません。

 

それまでも大型化によって、手の小さな女性iPhoneユーザー離れが予想出来ていたのでしょうか?iPhoneは大型化と引き換えにそのユーザーも手放しかねない事になったのです。

そこで出てきたのがiPhone6s miniの噂です。

大画面化によって離れてしまいかねないユーザーやあまりスマホを使いこなせないユーザー層、小さなスマホを希望するユーザー向けにiPhone6s miniの大きさ(リーク)である4インチはかなり手頃な大きさです。

できれば小さなスマホを希望するユーザー層に向けて、早いうちに手を打ちたいというのも頷けます。

2015年9月の新型iPhone発売に合わせてiPhone6s mini(4インチ)が発売される可能性も考えられました。

スポンサードリンク

iPhone6s、6sPlusが発売されるならば、miniの発売は見送られるのではないか?

iPhone6s、6sPlusの発売がある9月。

管理人の予想ではminiの発売は、それよりも後になると考えています。その理由は

●iPhone6s、6sPlusの発売で現場が手一杯

製造ラインのキャパシティがマックスでiPhone6s、6sPlus、miniの3種類の同時製造が難しい

●iPhone6s、iPhone6sPlusのユーザーが、食い合いになる可能性もある

●iPadProの販売は2016年初頭。それに合わせてインパクトを出したい

 

と考えるからです。現場はiPhone6s、6sPlusの発売対応で手一杯です。ここに6s miniがはいってくるとなるとかなり作業が煩雑化し、乗り換え、新規ユーザーの不満になりかねません。

また、製造ラインはiPhone6s、6sPlusでキャパシティがギリギリだったと考えられます。

さらにAppleが恐れるのは在庫リスクです。売れ残りの在庫リスクが発生することをシュミレートした場合、iPhone6sシリーズのユーザーを同社内で喰い合いしてしまうことで在庫が増えることが起こりそうです。

あくまでiPhoneが駆逐するべきはアンドロイド系の携帯であり、同社製品を食い合う必要はありません。

そして、iPadProの発売が2016年初頭にあるとされています。かなり玄人好みの商品であるため、インパクトに書ける部分もあります。そこにiPhone6s miniを同時発売していくことで注目度はアップしますから、宣伝効果も十分となるでしょう。

以上のことから、2015年9月にはiPhone6sの発売はあると考えます。しかし、2015年9月のiPhone6s、6sPlusと同時発売にはならないと予想致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.