iphone6s,6sPlusの発売日の発表は?口コミをおまとめしてみた

faces-73493_640

iphone6s,6sPlusの発売日の発表。
※当サイトでも予想した、9月12日予約開始、25日発売日でした。

>>iphone6と6sの機能スペックの違いが気になる!バッテリーは改善したの?

発売日が近づくにつれて、リーク情報がサイトの口コミやツイッター周辺が騒がしくなって来ました。

信頼できる情報筋も含め、おまとめして見ました。

>>iphone6と6sのサイズと重さの違いは?カバーケースはどうなるの?

iphone6s,6sPlus,iPhone7の口コミや噂おまとめ

 

 

 

ですねーww 毎年9月の新型iPhoneの発表から発売に合わせて、5月、6月、7月と徐々にリーク情報が紙面を賑わせてくれます。 さらに口コミやツイッターなどでも拡散もあったりして、新緑の時期から梅雨を超え、夏の暑さを乗り切る頃にやっと新型iPhoneがお目見えしてくれます。 ご多分に漏れず、2015年も同じ状態です。     加えて、新型iPhoneの全体写真やカラーも徐々に明らかとなってきました。   本当かどうか?は発売されてみて初めて分かることですが、 いままで全くの見当違いという情報はまずありませんでした。 今年の目玉はなんといっても   ■フォースタッチ(ForceTouch 感圧タッチ)   ■iPhone6Sという名前になるか? ではないでしょうか?   AppleWatchも発売され、AppleMusicも開始しました。 今年はマイナーチェンジの年とはいえ、革新的なイメージを持たせたいApple社ですから、新型iPhoneの名前の変更くらいは仕掛けてくる可能性もあります。   もうiPhone6SとかiPhone7などならわかりやすいですが、管理人は名前の変更もあるのではないかと疑っています(笑)        

おーw
最近良く見るリーク情報の画像ですね。

これを見た限りでは大きさの変更は殆ど無いと言っていいようです。感圧Touch(フォースタッチ)が搭載となりますと、指で押して感知するセンサーですので厚みが必要となります。

その厚みはなんと0.2ミリ。

その分だけ厚みが増すとのこと。既に特許は取得し、Apple製品には搭載されているものもあります。

あとは新型iPhoneに搭載されることで、どれだけiPhoneユーザーに受け入れられるか?となってくる段階ですね。

2015年9月の新型iPhoneには搭載されないとしても、今後のiPhoneには搭載される可能性は高いです。こちらの機能も非常に楽しみです。

スポンサードリンク

あー。。 すごくわかります(笑) カバーって買うとなると、公開したくないので買うときに、結構気合いが必要ですもんね。 iPhone6や6Plusのカバーが使えればいいんですが、発売されてすぐはケース・カバーって売ってないので落として破損する人が続出します。 これも例年見る光景です。。 もう破損は嫌だ!とか水没のために防水、防塵対策までしたいよ~という方は既にiPhone6、6Plusで実績のあるiPhoneカバーケースメーカーが有ります。 下記からご参考にしてみてください。 →iPhone6S、6SPlus、iPhone7のカバーケース!SPIGEN →iphone6s,6sPlus,iPhone7のカバーケース!Otterディフェンダー →iphone6s,6sPlus,iPhone7のカバーケース!catalyst(カタリスト) →iphone6s,6sPlus,iPhone7のカバーケース!UAG(アンダーアーマーギア)

うーん。。
どうでしょうね?iPhone6SPlusはあると思いますが、iPhone6Cはどうでしょう?

というのも、現状iPhone6とiPhone6Plusは2014年9月の発売以来、絶好調を継続しています。

4月~6月期の四半期決算も発表されましたが、やはり未だに衰えていません。残念ながらAppleWatchに関しては販売数も公表されていない状態です。

決算発表時には、「iPhoneやiPadの初期の台数よりも好調」とだけ伝えられておりやはり苦戦していることは間違いないようです。

自分の周囲にAppleWatchを身につけている人数が、iPhone6、iPhone6Plusに比べて非常に少ないことが物語っていますね。

一方、iPhone6「C」は、今回のiPhoneのマイナーチェンジに合わせる必要はないと考えます。なぜなら前述のとおりiPhone6とPlusが絶好調だから、あえて冒険する必要はないからです。

iPhone5Cのときもそうでしたが、あまりぱっとしなかったことは記憶にあたらしいと思います。

さらに、これも前述のとおり、AppleWatchが思ったほど売れていないということも一因としてあると考えます。

AppleWatchは今後のスマホの指針を指し示す大事なデバイスと位置づけられているハズです。なぜならiPhoneだけに頼る経営では流行り廃りが早過ぎる業界で生き残ることは出来ません。

いつシェアを奪われるか?1つの商品が運命を決めることもあるからです。

そう考えるとiPhone6Cの発売はないとかんがえるのが妥当だと思います。

あと7月から生産が本格化しているという新型iPhone。アジア圏に点在するサードパーティの生産工場のラインが、受注でいっぱいいっぱいになっているはずなので、それもiPhone6C発売がないという理由に挙げられます。

いいですね~^^ 新型iPhoneを購入して即時持ち帰るのには予約が一番いいです。 予約方法は、混乱を避けるため、過去の予約方法と大きく変える必要はないはずです。 そのため、昨年のiPhone6、6Plusの時の方法を参考にしてみてください。 スマホからでも予約ができていましたので、外出先やシゴトで即時予約がしづらい場合は、休憩中にトライしてみてはいかがでしょうか? →iPhone6S、iPhone6SPlus、iPhone7の予約方法は?

ソフトバンクがiPhoneで一人勝ちする時代は終わりましたからね。

たしかに各社しのぎを削っていろいろやってくれます。SIMも解禁となりこれからますます各社の競争が激しくなっていきます。

特にソフトバンクは、一人勝ちから競合が出てきて大変な時期だと思います。以前も販売店舗のスタッフが混乱するほど急にプランやサービスを突っ込んできたりして何でもアリだと思います。

今回の新型iPhone6s、6sPlus、iPhone7ではどうなるのか?各社の仕掛け具合が見ものです。

こんな記事も読まれています

スライド1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.